オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B&W スピーカー LM1

2016/09/30 23:35 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

我が家のオーディオルームのサラウンド(サイド)スピーカーは、Rogers の LS3/5A です。


人生半世紀を超えた私が学生時代にバイトで中古購入したもの。すなわち「超ご長寿さん」です。
LM1_02.jpg

スピーカー端子も時代を写し、極細ケーブルしか受け付けず、すなわちバナナプラグ Must です。当然シングル。
LM1_03.jpg

そんな LS3/5A をサラウンドバックにしたり、サラウンドサイドに移したりして、使ってきましたが、突然「もったいない」感じがしてきました。長年メインスピーカーとして使ってきたこの「ご長寿さん」を復活させ、他の部屋(寝室)で、ステレオで使いたい、と思うように・・・。

そんな折、某リサイクルショップで、面白そうなスピーカーを見つけました。B&W の LM1 という小型スピーカーです。
LM1_04.jpg

樹脂ボディのお安い(中古販売価格税込み 19,800 円也でした)商品ですが、なんとなく興味をそそられ、前出の LS3/5A 活用計画も後押しとなり、購入しました。
詳細をレポートします。

メタルのネットを外すと現れるのは、2way のスピーカーとバスレフポート。
LM1_05.jpg

ツイーターは 25mm でキャビネットから飛び出しているのがいかにも B&W。
LM1_06.jpg

ウーファーはキャビネット同様樹脂系で、口径は 125mm。
LM1_07.jpg

バスレフポートも、フロント配置です。
LM1_08.jpg

スピーカー端子は、斜めに設置され、Y ラグも使いやすい角度です。センターのキャップを外すと(これが外れにくかった・・・)、バナナプラグも OK です。
LM1_09.jpg

本体は後ろの方で1本の柱で支えられている構造。これにより角度の変更や壁掛けに対応していますが、この「1本脚」が、振動の良いインシュレーションになっている気がします。
LM1_10.jpg

キャビネットは樹脂なのに、台座はしっかりしたアルミダイキャスト製。全体の重量確保に貢献しています。
LM1_11.jpg

LS3/5A は奥行きの短いスピーカーですが、その設置スペースにすっと収まりました。
LM1_12.jpg

で、音です。

リサイクルショップからの購入なので、まずはちゃんと、全ユニットが鳴るかどうか確認すべく、2ch アンプに繋いで、ステレオで音出し。
ここで、まず驚き。なんと、ジャズ・ボーカルが朗々と鳴り始めました。低音も 125mm ウーファーなのに、ムリのない範囲でうまくこなします。音量を上げていっても、それなりのところまで破綻することはありませんでした。

これは大正解!
あまりの鳴りっぷりの良さに、前ユーザーが改造しているのかもしれない・・・と思ったほど。(ホントにそうかもしれないけど。)

で、サラウンド(サイド)スピーカーとして鎮座してもらい、デモディスクを鳴らすと・・・なんと、これも大正解!
Atmos の時代となり、サイドスピーカーを耳の高さに下げたため、視聴位置との絶対距離が短く、スピーカーの直接音がヘッドホンのように耳に突き刺さり、スピーカーの存在が気になるようになっていました。
それが、LM1 でほぼ解消。
グレードダウン覚悟( LS3/5A 活用を優先)で、スピーカーを入れ替えたのに結果的に、バランスの良いサウンドが得られました。

偶然とはいえ、こういうことがあるので、オーディオってやめられないですねぇ。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **












スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。