オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 DTS Demo Disc も DTS:X 音声満載!

2016/02/06 09:51 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

私の年始の恒例行事となっています(?)DTS Demo Disc の購入ですが、今年は ebay への出品が少なく、苦戦しました。なにか配布方式が変わったんですかね?結局、フランスの出品者の方から購入しました。

これまでの DTS Demo ディスクのレポートはコチラ。

2015 年版:http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
2014 年版:http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-170.html
2013 年版:http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

ジャケット表面です。
2014, 2015 は同じデザインでしたが、今年はちょっと変わりました。14 と 15 はよく見ないと見分けがつかなかったので、これは有り難い。(笑)



紙ジャケットにディスクが直接入っているのは、同じです。

2016DTS_02.jpg

裏ジャケットに収録内容の一覧。

2016DTS_03.jpg

今年も、「DTS:X 入ってます」マーク有り。

2016DTS_04.jpg

収録映画はいつもながらのてんこ盛り、11 篇収録です。

2016DTS_05.jpg

音楽ソースは、8 篇。

2016DTS_06.jpg

メインメニューも、ジャケット同様、ちょっとかっこよくなりましたね。

2016DTS_07.jpg

販売店デモ用の「RETAIL LOOP」は、今年も健在です。

そして、昨年のデモディスクで、規格が決まる前にデモを収録するという離れ業を演じた「DTS:X」ですが、今年も 13 篇と「てんこ盛り」です。

2016DTS_08.jpg

現時点、DTS:X 収録のソフトが極少であることから、このディスクはとっても貴重です。

そして、以外に重宝するのは「EXTRAS」に含まれる、スピーカーテスト。AV アンプのテストトーンとは違って、ソフトからの信号ですので、入り口から出口まで含めた確認となり、安心です。
今年は、「DTS Sound Unbound Callout」という名前になりましたね。

2016DTS_09.jpg

毎年、充実した内容の DTS Demo Disc。今年も期待を裏切りませんでした。特に、DTS:X 音声の映画/音楽デモが収録されているのは、前出のとおり、現時点では貴重です。
ただ、私の場合、AV アンプが SC-LX88 であり、現時点では、DTS:X に対応していない、どころか、将来的にもアップデートが行われない可能性大なので、目の間にニンジンをぶら下げられているようで、ちょっと悲しいですが・・・。(笑)

追伸>
以前もレポートしましたが、今回も、LX88 に搭載されているドルビーの天井スピーカーも含めた擬似サラウンド「Dolby サラウンドモード」に不思議な挙動を確認しました。
7.1ch 映画では、きちんと、天井スピーカーも含めたすべてのスピーカーが鳴りますが、7.1ch スピーカーテスト・ソフト(このデモディスクでは、「DTS Sound Unbound Callout 7.1」)では、サラウンドバックのテストトーンが、サイドスピーカーから出てしまいます。

この時は、当然、右のサイドスピーカーが鳴りますが・・・

2016DTS_10.jpg

ここに、来ても、またサイドスピーカーが鳴ってしまいます。

2016DTS_11.jpg

考えられるのは、LX88 のドルビーサラウンドモードは、DTS 7.1ch 信号を一旦 5.1ch にダウンミックスしてから、すべてのスピーカーに割り振っている・・・という予測。全チャンネルに信号がある映画ではわからないのですが、1ch だけ鳴るスピーカーテストでは、バレてしまうようです。
収録されているサラウンドバック信号を損したようで、ちょっと不満です。LX88 の問題なのか、ドルビーサランドモードの仕様なのか?後者のような気がしますね。
「DTS Neural:X」、欲しいなぁ・・・・。パイオニアさん、LX88 の DTS:X 対応、なんとかお願いできないでしょうか・・・。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **













スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。