オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS Audio DAコンバータ NuWave DAC

2015/03/13 23:06 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

リビング・オーディオのレベルアップを狙い、PS Audio の NuWave DAC を導入しました。

PSAUDIO  D/Aコンバーター NuWave DAC/SILVER(税込)

価格:112,000円
(2015/3/13 21:20時点)
感想(0件)



リビングの PC の音源を USB 経由で再生します。NuWave DAC 導入前は、RME の Babyface を使用していました。

RME アールエムイー Babyface シルバー 24bit/192kHzサポート USBオーディオインターフェイス 【国内正規品】

新品価格
¥78,800から
(2015/3/13 21:34時点)



Babyface も BusPower-Pro

Aurorasound(オーロラサウンド) USBバスパワー機器用外部安定化電源 BusPowerPro

新品価格
¥9,990から
(2015/3/13 21:35時点)


導入後、どっしりした再生音に変化し、気に入っていたのですが、どちらかというと細部をきっちり聴かせる鳴り方でしたので、家族でくつろいで音楽を聴く感じではありませんでした。

Babyface は、アナログ盤のデジタル化ツールとして、余生を過ごしてもらうことにします。

PS Audio は、電源機器で気に入り、その後ケーブルで電源と同じ傾向の音を出してくるのに驚き、ついには米国駐在中、アンプも購入してしまったプランドです。

アンプはこれ・・・http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

そのアンプも、オーディオルームから退き、リビングに居ますので、NuWave DAC と組み合わせます。さらには、XLR ケーブルも PS Audio の(当時の)ハイエンド・ケーブルを奢ります。

ケーブルはこちら・・・http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

さてさて、どんな音を聴かせてくれるでしょう?

届いた箱を開けてみると、箱の中から箱。アメリカで良く見るスタイルです。


最近の PS Audio 製品は、製造もコロラド州ボールダーで行われているとのこと。
「 JP 」の文字から日本仕様が専用であることが分かります。私の買ったものは、箱の製品名は、「 NuWave DAC3 」と、「 3 」が付いていました。どこから数えて 3 でしょうか?
NuWaveDAC_02.jpg

箱を開けてびっくり。緩衝材無しのシュリンクパック・・・。別にいいんですが、万一、故障して返送するときは、どうすれば?
NuWaveDAC_03.jpg

こちらが外観です。アルミボディは磨きではなく、鋳造面です。天板は流行りのピアノブラック。
NuWaveDAC_04.jpg

フロントパネル。
PS Audio マークは、電源 On の間、常時ブルー点灯です。
NuWaveDAC_05.jpg
LED は 6 ケ。
上段が入力ソース。基本は自動切り替えですが、同時に 2 つ以上のソースから信号が来ているときは、LED の右のボタンで強制切り替えできます。
下段は、一番左が信号ロック表示。そしてその隣の2ケは、動作モードが「ネイティブモード ( 入力周波数追従 )」か「 192kHz アップサンプリングモード」のどちらであるかを表示するもの。右のボタンで、その 2 つのモードを切り替えられます。なので、192kHz の信号が入っていても、「ネイティブモード」の時は、192kHz ランプは点灯しません。
なお、リモコンは付属しませんので、受光部もありません。

背面です。
出力は、XLR と RCA。どちらも、固定出力のみです。デジタル入力は、USB、同軸、光。ちなみに、DSD には対応していません。
左端にパワースイッチがありますが、説明書にて「常時 ON 」が推奨されています。
NuWaveDAC_06.jpg

ガバっと裏返し。
銀色の丸は、トロイダルトランスの固定点か?
NuWaveDAC_07.jpg

日本代理店の完実電気さんで、PSE シールが貼られています。
NuWaveDAC_08.jpg

足は、とっても頼りないゴムのものが付いています。「どうせ、マニアな皆さんは、交換するでしょ?」ってことでしょうか?
NuWaveDAC_09.jpg

NuWave DAC 導入前後のブロック図を書いてみました。

こちらが導入前。
NuWaveDAC_10.jpg

導入後です。赤が変化点。
NuWaveDAC_11.jpg

XLR ケーブルは前出の PS Audio xStream Statement です。ケーブル断面が長円になっていて曲げやねじりがキツイのが難点。
NuWaveDAC_12.jpg

電源ケーブルは、以前の記事で書いた「 Oyaide Tsunami GPX 改」=半分に切った内の一本です。

切断記事はコチラ・・・http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

ところが問題発生。
NuWaveDAC_13.jpg
折角奢ったフルテックのロジウムメッキ・インレットプラグが、XLRケーブルの端子とかっつり干渉・・・。

泣く泣く、他のケーブルを分解し、インレットプラグを交換。このタイプの四角い方なら「ぎりぎり」大丈夫です。XLR ケーブル接続かつ電源ケーブル交換する方はご注意を。
NuWaveDAC_14.jpg

Windows PC への USB 接続には、PC 側に専用のデバイスドライバのインストールが必要。セットには付属しませんので、完実電気さんのホームページか、アメリカの PS Audio のホームページからダウンロードします。
もし接続してしまっていたら、一旦、USB ケーブルを抜いて、デバイスドライバのインストーラを起動し、ケーブルを指す指示が出たところで接続します。

デバイスマネージャー画面には、「PS Audio Perfectwave」と表示されます。上位機とドライバは共通なんですね。
NuWaveDAC_15.jpg

再生ソフトウエアは、私は、Media Monkey を使用しています。PC 画面は OFF で、iPhone から操作しています。

先ほどのドライバが ASIO にも対応しているようで、Media Monkey の ASIO プラグインで設定可能でした。
「ネイティブモード」で使いたいので、「リサンプリング」は OFF にしています。
NuWaveDAC_16.jpg

それでは、音です。

接続直後は、ぞっとしました。
聴感上の歪、S/N ともに、Babyface より大幅に悪化。PC からのノイズを拾っているのか?導入は、脆くも失敗か?

我慢して待つこと 1 週間。その間、電源は入れっぱなし。家にいる時間は、我慢してその歪っぽい音で連続再生。
すると、まるで憑き物でもとれたように(表現が古い・・・)、歪が消え去り、S/N も向上しました。エージング Must な機器でした。

エージング後の音は、滑らかで艶っぽい、まさに「 PS Audio 」な音。ピアノの響き、金管楽器の余韻、そして暖かな女性ボーカルの表現。
いわゆるオーディオ的な「輪郭強調」は感じられず、かと言って「綺麗な音」でもなく、繰り返しになりますが「艶っぽさ」が特徴。

狙いはバッチリ!
家族で食事をしながら、BGM のジャズの耳当たりの良さ。夜のリビングで一人で聴く小音量再生での心地よさ。

がっぷり四つで「オーディオ」を楽しむときには、オーディオルーム( Linn Klimax Renew DS -> Esoteric I-03 -> PMC FB1 )に行けばいいので、「フル PS Audio 化(ほぼ)」は正解でした。

ただ、あまりにも気持ちよく聴けるので、スピーカーを変えたらもっと良くなるかも・・・と色気が出てきたのがちょっと危険です。これ以上いくと、きっとオーディオルームの音に近くなっていくばかりですので、ここで思いとどまらねば・・・です。

音は、ほぼ満足な、本製品ですが、1 点だけ最後に不満点を。

それは、現在入力されている信号のサンプリング周波数が一切分からないことです。前出のとおり、「 192kHz 」ランプは、「アップサンプリングモード」を示すだけで入力信号を示しているわけではありません。
特に、PC から USB 接続している際には、ドライバや再生ソフトの設定が複雑なので、ちょっとミスをすると、折角のハイレゾ音源もわざわざダウンコンバートして聴いている恐れがあります。
「 44.1 」「 48 」「 96 」「 192 」の 4 ケの LED が有るだけでとっても安心出来たんですが・・・。そこだけが、ちょっと残念。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **















スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。