オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイソン (Dyson) DC61 を壁掛け!

2015/01/29 21:26 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

先日購入したダイソンのハンディクリーナー DC61 モーターヘッド。

DYSON DC61motorhead DC61MH

新品価格
¥32,563から
(2015/1/29 20:33時点)



購入記はコチラ:http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

最後まで迷ったのは、同社の DC62 モーターヘッドとどちらを購入するか?

DYSON DC62motorhead DC62MH

新品価格
¥51,000から
(2015/1/29 20:37時点)



いろいろなオプション差があるものの、一番迷ったのは「収納用ブラケット」という名前の「壁掛け充電ブラケット」の有無です。これがカッコいい!しかし、結局、価格差に負け、DC61 を購入した次第です。

その結果が、こんな姿・・・。充電中、やっぱり邪魔です。
ダイソンDC61_18

ということで、どうしても「収納用ブラケット」が欲しくなるのですが、ダイソンのサイトでも見つかりません。どうも、単品販売が行われていないようです。
確かに、ダイソンの掃除機シリーズは、オプションの有無でシリーズ展開されているので単品で売ってしまっては、成立しないのかも。
もしかしたら修理も一括で受付けているダイソンのお客様センター「話そうダイソン」の電話番号に電話すれば購入できるのかもしれませんが、私は並行輸入品を購入することにしました。

以下、私の購入した並行輸入品のレポートですので、必ず同じコンディションの商品が購入できるかは保証できませんので、あくまで自己責任でお願いします。
DC61壁掛け_01

私の並行輸入品は、Amazon.co.jp の登録ショップから購入しました。

[ダイソン] Dyson Docking station 純正 壁掛けブラケット DC58 DC59 DC61 DC62 【並行輸入品】

新品価格
¥6,800から
(2015/1/29 20:48時点)



並行品ですので、Amazon.co.jp での直接取引では有りませんが、Amazon 倉庫在庫品であり、あっという間に届きました。
DC61壁掛け_02

私の購入したものは、ちゃんと「ダイソン純正部品」のステッカーが貼ってありました。並行品では「純正」ではないことが多々ありますが、私のは大丈夫そうです。とっても精巧につくられたニセステッカーかもしれませんが・・・。
DC61壁掛け_03

こちらが、その壁掛けブラケットです。AC アダプタは付いていません。
DC61壁掛け_04

箱の中には、小さなパンフレットと取り付けビスが付いていました。パンフレットは組み立て説明かと思いましたが、分解手順書でした。リサイクルのための説明のようです。これを逆の手順でやれば組み立てられるわけです。
DC61壁掛け_05

手順は以下のとおり。
 ・DC61 に付属の AC アダプタを、ブラケットの後ろ側から前に通す。
 ・AC アダプタの DC プラグ部を、ブラケットの上部の凸部に差し込む。(カチッと音がします。)
 ・AC アダプタのコードを、ブラケット後面の迷路のような溝にはめ込む。
 ・ブラケットを、2本のビスで壁に固定して出来上がり。

注意すべきことは、一旦、壁に取り付けてしまうと、AC アダプタが取り外せないことです。すなわち、このブラケットでしか充電できなくなります。それが嫌な場合は、予備の AC アダプタを購入する必要あり。これも「話そうダイソン」に電話しないと買えないのかも?

また、壁の素材を考慮し、適切なビスでしっかり固定すべし、です。お高い掃除機ですので、落下して壊れた時のショックも大きそうです。

こちらが、ブラケット上部。標準の AC アダプタの DC プラグが L 字型なのはこのためだったんですね・・・。
DC61壁掛け_06

ブラケット下部には、ノズルツールを2ケ差し込んでおけるホルダが付いています。
DC61壁掛け_07

このようにスッキリ収納!
DC61壁掛け_08

と、言いたいところですが、フトンツールやモーターヘッドを取り付けると、隣のホルダが使えません・・・。
DC61壁掛け_09
フトンツールは、取り付けない、モーターヘッドは、パイプ付き(DC62 はパイプ付きですものね)で取り付ける、を想定か。

掃除機本体の脱着は、じゃっかんコツが入ります。慣れれば一発ですが、知らない人だと壊してしまうかも。

外す時を例に説明します。取り付けるときは、この逆の手順です。

まず、ノズルの根元あたりを掴みます。
DC61壁掛け_10

ここで手前に引かず、直上方向(写真矢印方向)にスライドします。
DC61壁掛け_11

上部をヒンジにして、前上方に回転するように全体を持ち上げます。
DC61壁掛け_12

ある程度傾いたら、ノズルの方向に引き抜きます。これで、AC アダプタの DC ジャックが抜けて取り外し完了です。
DC61壁掛け_13

ということで、あっけなく壁掛け対応出来ました。
やはりこの姿での充電が理想ですね。
DC61壁掛け_14

このブラケット、私の購入価格は、6,800 円でした。材料や構造から見ると、とってもお高いですが、ダイソン純正フトンツールの価格(税込 4,320円!)よりは、リーズナブルかも・・・・。ebay で見てもそれほど安くないので、元々ダイソンの商品は高めの価格設定のようです。
ワタクシ的には、買って良かった、と思ってます。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **












スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。