オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Linn DS ジャケ写表示システム」を 23 インチにしました

2015/01/03 17:25 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

メインで使用している自作パソコンのモニターを買い替えました。
今まで使っていた安価なモニターでは、やはり RAW 現像は難しく、Y バシカメラさんで「 RAW 現像に使える一番安いのを・・・」と聞いたらこちらを勧められました。

EIZO FlexScan 23.8インチ カラー液晶モニター ( 1920×1080 / IPSパネル / 5ms / ノングレア ) EV2450-BK

新品価格
¥33,188から
(2015/1/3 16:14時点)



ということで、今回のお題ですが、いままで PC モニターとして使っていた 23 インチモニターを、退役後、Linn DS の「ジャケ写表示システム」に転用しようというお話です。

モニターは、IO-Data の LCD-MF231XBR という機種です。
http://www.iodata.jp/product/lcd/wide/lcd-mf231x/
23 インチ・フルハイビジョンです。

我が家では、すでに Linn DS のジャケ写表示システム運用中。
「Linn DS の Play 画面を大きな画面に!」(2013/9/14)
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-150.html

こんな感じで、22 インチ TV:Toshiba 22A2 を SW の上に置いて、ジャケット写真を表示しています。


表示に使用している PC は、Android King Box IPT-AD40TV というアンドロイドベースのミニ PC です。
DS_NowPlaying_04.jpg

アプリは、アンドロイドの定番 Bubble DS。
DS_NowPlaying_09.jpg

このシステムの欠点は、残念ながら、文字が小さく、視聴位置から老眼の私には、曲名が読めないこと・・・・。Bubble DS にもフォントサイズの変更機能がありますが、あまり効き目はありません。
画面が、1 インチとはいえ、大きくできるのはいいかもしれない・・・。
また、Toshiba 22A2 は、1366x768 でフルハイビジョンではありませんでした。気持ちの問題ですが、フルハイビジョンになるのは、うれしいことです。

モニターを入れ替え、接続を行ったら、設定の開始です。

折角ですから、まずは、フルハイビジョン表示しましょう。
アンドロイドのシステム設定から、「ディスプレイ」を選び、「Display output mode」を選択します。普通はアンドロイドは、携帯やタブレット用の OS ですので、見かけないファンクションではありますが、IPT-AD40TV では選択可能です。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_01

いままでは、HDMI 720P を選択していましたが、1080P でフルハイビジョン接続です。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_02

あっけなく、設定が終了しました。Bubble DS の画面がこちら。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_03

ところが、前回見落としていた設定がありました。アンドロイドのシステムとしてのフォントサイズの設定がありました・・・・。なぜ前回見落としたのか・・・?
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_04

「小」「中」「大」「極大」が選べました。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_05

「中」の画面がこちら。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_06

そして「極大」にすると・・・。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_07
なんのことはない、23 インチでも読めるくらいの大きな文字になりました。Bubble DS のフォントサイズ設定ではなく、アンドロイドシステムのフォントサイズを変えれば良かったんですね・・・。

こちらが完成した「新ジャケ写表示システム」です。
視聴位置から、はっきり曲名が読めるようになりました。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_08

モニターを入れ替えた・・・というレポートのつもりが、Bubble DS で、文字を大きくするときは、Bubble DS のフォント設定ではなく、アンドロイドのフォント設定をいじれば良い、というのが今回のレポートの結論になってしまいました。
ジャケット写真表示だけのために、アンドロイド PC を専用化している人が、そんなにたくさんいるとは思えませんが、なにかの参考になれば・・ということでした。

ご参考までに、Bubble DS の「NOW PLAYING」画面の表示内容を最後におさらいしておきます。
Linn DS ジャケ写表示システムを24インチに_09
左上に「再生システム」(DS の機種により、ちゃんとアイコンの絵も変わります、多分。私の Klimax Renew DS ですらフロントパネルの絵が出ますので、普通の DS の方は大丈夫でしょう。)
続いて、上から
「アーティスト名」
「アルバム名」(私は、NAS データのアルバム名にファイル素性[96kHz 24bits]等を書き込んでいるのそれが出ていますが、システムからはここにはファイル素性は出ません。)
「ジャンル」と「製作年」(こちらも、NAS データ作成の時点で入力しないと当然でません。)
「曲名」
「作曲者」(これも、NAS データにあれば、です。)
「ファイル素性:形式、サンプリング周波数、ビット深度」
です。
情報量としては、非常に多いのではないでしょうか?情報過多、という気も若干しますが、私は気に入っています。
また、左側にジャケット写真が大きく表示され、さらに背景にその一部がうっすらと拡大表示されます。

23 インチまで大きくすると、ジャケット写真をそれなりの高解像度で作っておかないと、ちょっとかっこ悪くなりますのでご注意を。

ちなみに、高解像度のジャケット写真をファイルのタグに入れたのに、低解像度のジャケット写真が表示される場合は、Bubble DS のせいではなく、NAS のメディアサーバーの方が原因です。
QNAP の NAS で、Twonkymedia を使用している場合は、以下の方法で改善できます。

「Twonky Server 7 でのアルバムアート高解像度表示」(2013/6/9)
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
ちょっと情報古いですが、今でもこの手でいけるはずです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **











スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。