オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[自動車博物館訪問] 日本自動車博物館(石川県小松市) その 4「ディテール・フェチな貴方へ」

2014/12/11 09:05 ジャンル: Category:クルマ・バイク
TB(0) | CM(0) [Edit]

「自動車博物館訪問」シリーズ (http://takhag.web.fc2.com/car_bike/car_bike1.html) 日本自動車博物館の最後のレポートは、「おまけ編」ということで、「ディテール・フェチな貴方へ」という題名でいきます。

「第 1 回:施設紹介と国産車前篇」はコチラ
 →http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-199.html
「第 2 回:国産車後編」はコチラ
 →http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-200.html
「第 3 回:国産車後編」はコチラ
 →http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-201.html

博物館訪問では残念ながら、実際にクルマを運転することは出来ません。そのため、見れるのは、デザインということになります。

もちろん、スタイリング全体も見るわけですが、私は、「ディテール」=「細部」にも惹かれます。
具体的には、エンブレムであったり、灯体の形状、空気を取り入れる NACA ダクト、はたまたドアノブの形状だったりします。

思い起こせば、そういう「性癖」は、子供の頃からかも知れません。

私の小学生時代は、まさにスーパーカー・ブームの絶頂期でした。その時から、「カウンタックのドアノブ兼のサイドダクト」とか、「ミウラの目の周りの縦桟」とか、「ディノの筆記体のエンブレム」とかに、なぜかクラッと来ていました。
父の洗車(当時は、父は、日産サニー1600エクセレントに乗っていました)を手伝う時にも、なぜかリアクォーターピラーに付いている七宝風の仕上げのエンブレムを磨き上げるところから、やってました・・・・。

ということで、自動車博物館に行くと、全体のスタイリング以外に、細部も撮影してきます。カメラをクルマに異様に寄せて、エンブレムを撮影している私の姿が、他の来館者にどう写っていたかは不安ですが、今回は「日本自動車博物館」で撮ってきた「ディテール写真」のスライドショーを「おまけ編」として紹介します。

トヨタ 2000GT の頻度が高いのは、朝からの長時間訪問で、昼食後に元気が出たタイミングで写真を沢山撮ったためです。他意無し・・・。



写真も一部載せておきます。
「あぁ、これは、xxx の yyy だね?」と、すらすら出てくるあなたは、立派な「変態」です。(笑)

42_Detail (33)

41_Detail (29)

40_Detail (28)

39_Detail (27)

38_Detail (24)

37_Detail (21)

36_Detail (14)

35_Detail (7)

43_Detail (34)

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **








スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。