オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年:我が家の AV 機器紹介・・リビング・シアター編

2014/01/11 20:35 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

我が家の AV 機器の顔ぶれ紹介の最終回は、リビング・シアター編です。

前回、前々回のリンク先はコチラ。

「我が家の AV 機器紹介・・専用室 2ch オーディオ編」
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-153.html


「我が家の AV 機器紹介・・専用室シアター編」
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-158.html


リビングは家族のもの・・・しかし、折角ならいい音と絵を楽しみたい・・・。
と、思っていろいろ考えて機器を揃えているうちに気が付くと大変なことになっていました・・・。後出の Logitech のシステムリモコンが無ければ、家族からいじめられていたことでしょう。

・テレビ & Fr スピーカー

201401_リビングAV_01

リビングの中心はやはりテレビ。プラズマ 50 インチの Panasonic TH-P50VT3 です。

Panasonic VIERA 地上・BS・110度 CSデジタル フルハイビジョンプラズマテレビ 50V型 TH-P50VT3

新品価格
¥198,000から
(2014/1/11 18:22時点)


ブラウン管時代の人間ですので、まだ液晶には慣れません。年々、黒が締まって色再現も向上していくプラズマに心強かったのですが、各社が撤退してしまい、残念。この子にはまだまだ頑張ってもらわねば。

Fr スピーカーは、Piega TMicro 5 です。

ピエガ 2ウェイ・フロアスタンディング型 シルバー【ペア】PIEGA TMICRO5-S(ペア)

新品価格
¥150,100から
(2014/1/11 18:21時点)


このスピーカーが価格が信じられないほどのいい音です。(http://community.phileweb.com/mypage/review/263/2910/)お陰で専用室に行かなくても、リビングでも「音楽」が聞けるようになりました。

・サラウンド、サラウンドバックスピーカー & スーパー・ウーファー

我が家のリビングのスピーカー配置は、センター ch 無しの変形 6.1ch 。

201401_リビングAV_02

サラウンドとサラウンドバック合わせて 4ch は、Bose 55WER-S

BOSE 55WERS スピーカーシステム

新品価格
¥69,800から
(2014/1/11 18:30時点)


元々は、5.1ch セットを中古で購入し、メインの座についていたのですが、比較的に早期に解雇し、サラウンドに回しました。理由は、多くを語らないことにします・・・。

スーパー・ウーファーは、Yamaha YST-SW800。当然、これも中古です。フロント周りにスペース無いため、ソファーの右側に配置。ほとんど物置台になっています・・・。
201401_リビングAV_03

ヤマハ サブウーファーシステム チェリー YST-SW800(MC)

中古価格
¥41,800から
(2014/1/11 18:41時点)



・Fr-2ch 用アンプ & DA コンバータ & AV アンプ

201401_リビングAV_04

TV 下のラック左側は、アンプ 2 台。

上の段が、2ch アンプの PS Audio GCC-500 というデジタルアンプです。米国在住時に購入したもので、定価は確か 5000 ドル+α。デモ品を格安購入。
なんと片 ch 500W の大出力。デジタルアンプじゃなければとてもラックになんか入れられません。これがとっても温かい音のするアンプで、先ほどの Piega のスピーカーと合わせて、リビングにリラックスできる音楽を流し出してくれています。
サラウンド再生時には、AV アンプの Fr プリ出力をこのアンプで受けて、シアタースルー機能で、Fr ch を駆動します。

2ch ステレオの音源は、後出のメディア PC の USB に接続した RME Babyface。(TVの後ろにいるので、写真には写っていませんが・・・。)

RME Babyface USBオーディオインターフェイス 【正規輸入品】

新品価格
¥71,800から
(2014/1/11 18:52時点)


これも優秀な製品です。アコリバのブレイクアウトケーブルで更にポテンシャルアップしました。

下段の AV アンプは、Denon AVR-4311

DENON AVサラウンドレシーバー 9.2ch ブラック AVR-4311K

中古価格
¥169,800から
(2014/1/11 19:00時点)


専用室の Denon (AVC-4310) の音に満足していたので、迷わず選択しました。Fr 以外の 4ch を駆動し、スーパーウーファーへの LFE 出力を行っています。
一時期と違い、新たなフォーマット対応で AV アンプを買い換えなければならないということは無くなりつつありますね。次は、4K ですが、しばらくは「来ない」でしょうから。

・メディア PC & ビデオ・プロセッサ & BD レコーダー

201401_リビングAV_05

ラック右側、上から紹介します。

まずは、自作 メディア PC。横置き+表示パネル+赤外線のケースは、なかなか無いですが、いいのが見つかってラックに綺麗に収まっています。(多分これだったと・・・http://www.ask-corp.jp/products/origenae/htpc-case/s14v.html
過去には、専用室の DVD 再生を HTPC で行っていたことがあります。当時は、DVD プレーヤーより、PC の方が高画質になるという時代でした。できるだけ消費電力を少なくし、かつ電磁波対策を行いまくるのがトレンドでした。今のメディア PC は、主にメディアファイルの再生用で、たまにゲームもするのでそれなりに能力のある(=消費電力の多い)PC として組んでいますが、フェライトコアはいっぱい入っています。

真ん中がビデオプロセッサの DVDO iScan Duo。(http://www.avac.co.jp/akihabara_inp_40.html
次の Sony BD レコーダーの色相ずれが許せずに、しかたなく購入。SpectraCal で、キャリブレーションしています。iScan Duo は、専用室にもありますので、2 台めです・・・。
色相ずれはきっと測定しなければわからないんですが、測っちゃったのでしかたありません・・・・。(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-125.html)

一番下が、その自分より高いそのビデオプロセッサを奢られている Sony BDZ-ET1000

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 1TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ET1000

新品価格
¥74,800から
(2014/1/11 19:24時点)


使い勝手的にはちょー便利(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-117.html)。この値段でこんなものが買えるなんて、いい時代になったものです。

・そして、影の主役

紹介してきましたリビングの AV システムですが、実は、主役は最後に現れます。これです。
201401_リビングAV_06
学習リモコン Logitech Harmony 900
これだけ複雑になってしまったシステム。例えば、BD レコーダーを見るために、電源を入れなければいけないのは、テレビ+ AV アンプ + Fr 2ch アンプ+ビデオプロセッサ+ BD レコーダーと合計 5 台・・・。電源を入れるだけではなく、それぞれの入力切替も必要ですから、普通に考えると、家族の反発は必至。それを解決するのがこのリモコンです。

ロジテックh Harmony 900 Rechargeable Remote with Color Screen カラータッチスクリーン搭載高機能ハイテク学習リモコン【並行輸入版】

新品価格
¥45,400から
(2014/1/11 20:17時点)


普通の学習リモコンと違い、各機器用のリモコンに切り替えるのではなく、「アクティビティ」という考え方で動きます。
201401_リビングAV_07
例えば「Play BD-Rec」を押すと、前出の 5 台の電源を入れ、入力を切り替えた上で、ボリュームボタンは AV アンプのボリューム、方向キーは BD レコーダーの方向と、ボタンごとに別の機器のコードを同時に出すことができます。また、BD-Rec を見ている最中に、他のアクティビティに切り替えると、必要な機器の差分で電源を入れなおし、入力も切り替えてくれます。すなわち、家族は、このリモコン 1 つて、リビングのシステムを簡単に視聴できるわけです。設定はちょっと大変ですが、一度設定してしまえば、WEB 上で設定を記憶してもくれます。
このリモコンが無かったら、正直、まずいことになっていたと思います・・・。惜しむらくは、現在は、日本での取り扱いがないこと。(以前は日本仕様が用意されていた時期もありました。)
また、輸入してくれないかなぁ、と思います。だって充電池が寿命になっただけで、eBay で輸入しなかればならないのは、ちょっとつらいですから。

以上、3 回にわたって、拙宅の機材を紹介しました。
最初にも書きましたが、「気がつけば・・・」という感じで、大所帯になってしまいました。
今後も、少しずつ選手交代させながら、楽しんでいきたいと思っています。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **





スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。