オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[自動車博物館訪問] 伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館(群馬県吉岡町)

2013/12/30 10:38 ジャンル: Category:クルマ・バイク
TB(0) | CM(0) [Edit]

伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館は、群馬県にある昭和の日本を主題にした観光施設。その中の自動車博物館が立派そうだったので、行ってみました。

場所は伊香保温泉に向かう「上毛三山パノラマ街道」の途上。


川沿いの道に現れたのは、予想外に豪華な洋風建築でした。
伊香保自動車博物館_00

入ってみると、前半は、ひたすら「懐かし昭和物」のイチオシ展示でした。自動車を見に来た身としては一抹の不安が・・・。
伊香保自動車博物館_01
しかし、私の世代でもぎりぎりですよ。
伊香保自動車博物館_02

おもちゃの展示もありました。「ロボットコンテスト」を略すると、このヒトが先に頭に浮かびます。
伊香保自動車博物館_03

さて、本題の自動車博物館です。フロアは3階建てで、やはりここがメインという感じで一安心。

まずは、軽自動車が充実。八頭身のマネキンさん、浮いてます。
伊香保自動車博物館_04
しかし、展示後方には、70~80年代アイドルのポスターが・・・。そうです、自動車博物館も、あくまで「懐かし昭和」オシ。

ファミリーカーの展示も豊富でしたが、詳細は、後に添付するスライドショーを参照ください。

メインの展示は、3階のスポーツカーコーナーです。
伊香保自動車博物館_05

こちらも詳細は、スライドショーをご覧いただくとして、目立った展示物のみ紹介します。

1971 年の Fairlady Z432 のエンジンルーム。整然としたレイアウトは見習わねば。内臓がこれだけしかないのは羨ましい限りか。
伊香保自動車博物館_06

「安心の OK マーク」付きスカ G 。おぉ、こんなところにあったのか、と思いましたが、残念ながらレプリカらしい。
伊香保自動車博物館_07

最後は、1973 年のケンメリ GT-R。さりげなく展示してありましたが、これが一番珍しい車では?
伊香保自動車博物館_08

なぜか、日産車ばかりの紹介になってしまいましたが、他にも、コスモスポーツやホンダ S800、Toyota Sports 800 / 2000GT 等、押さえるところはしっかり押さえたコレクションで好感が持てました。

自動車展示の全体像は、こちらのスライドショーを御覧ください。


一っ走りしてやってきた伊香保自動車博物館ですが、台数・施設ともに立派な博物館でした。ただ、前半の「昭和展示」の影響か、「収集癖のなせる技」的な雰囲気も感じてしまいました。先にも書きましたが、正直、私の世代でも「懐かしい」のギリギリです。そろそろ客層的にやばいのではないかとは思います。
しかし、入場料も比較的(観光地にしては)良心的なので、ふらりと訪れるにはよろしいのではないかと。そんなところです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **




スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。