オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年:我が家の AV 機器紹介・・専用室シアター編

2013/11/27 23:57 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

久しぶりの我が家の AV 機器の顔ぶれ紹介。

今回は、専用室シアター編です。

自宅新築時、9.5 畳に 100 インチスクリーンでスタートした我が家の専用室ですが、家庭内の力関係の変化により、6 畳間に移転。それに伴い 100 インチは 9.5 畳にオブジェとして残り、80 インチワイドお一人様シアターになっています。

・スクリーン & Fr スピーカー
スクリーンは Kikuchi AMSR-80HDC 。前出の部屋移動の関係で暫定のつもりで買ったのが、結局コチラの方が長期間使うことになりました。
Screen.jpg

Fr スピーカーは 2ch 兼用の PMC FB1(初代)
最新型はこんなに高くなりました。私のは 2 本で 25 万円だった気が・・・。

PMC FB1i (ペア) PMC スピーカー

価格:434,000円
(2013/11/27 08:13時点)
感想(0件)



・センタースピーカー & スーパー・ウーファー & フロントアンプ
センタースピーカーは PMC TB2-SMC。Fr の FB1 と同世代のこのスピーカーを中古でゲットし、Fr 3ch のユニットを揃えることができました。しかし、苦渋の 2ch オーディオラック上設置です。
Audio_SW.jpg
スーパー・ウーファーは、本来 2ch 用の Salogic D.Cube2TX 。AV 用と 2ch 用の入力が別にあるので、同時接続できます。
Fr チャンネルのみ、駆動は 2ch 用の Esoteric I-03

【価格はお問い合わせください】ESOTERIC I-03エソテリック プリメインアンプ

価格:630,000円
(2013/11/27 08:25時点)
感想(0件)


こちらも、AV アンプのプリから信号を入力できるスルー機能で便利に使っています。

・プロジェクター
我が家の旗艦 JVC DLA-X9 です。

とても新品は買えないのですが、運よく中古を破格で購入。今まで見てきた黒は何だったんだというほどの黒の沈み込みは、購入時、衝撃でした。

DLA-X9-B JVC 3D対応ホームシアタープロジェクター ブラック DLAX9B

価格:668,000円
(2013/11/27 08:29時点)
感想(0件)


このプロジェクタは、背面壁センターに置いたヴィジュアル機器ラックの上に載っています。

・サラウンド & サラウンドバックスピーカー
まず、サラウンドスピーカーは、自作 2 way。今は亡き長岡鉄男先生設計のもの「だった」と思います。ウーファーは前後 2 ケ設置ですが、音楽用としてはいささか「敏」過ぎるところもあり、サラウンドに鎮座。齢 20 年選手です。IKEA のラックに乗せて、ハイポジション設置。(ほとんど天井)

サラウンドバックは、おそらく我が家のオーディオ機器の中で最も御長寿さんの Rogers LS3/5A 。こちらは大学時代に、バイト代を叩いて、中古 7 万円。推定 25~30 才。もちろんオリジナルなので、バイワイヤーどころか、へろへろなシングルワイヤー仕様です。それを思い切って、プロジェクタの後ろに、板を張り出して配置。

真のオーディオファンは目を背けたくなるような光景ですが、ちゃんと鳴ってます。
現行(?)は、なんと 65th Anniversary Edition だそうです。

ROGERS LS3/5a (65TH ANNIVERSARY EDITION)(ペア)

価格:134,300円
(2013/11/27 23:41時点)
感想(0件)



・ヴィジュアル・ラックの中身=再生機器
ここからが、更に百鬼夜行。
ラック上から、

*DLNAプレーヤー:Sony PS3
 ほとんど使っていませんが、一度初代を手放して、再度購入という不本意な経緯もあり、怖くて売却できません。
*ハイビジョン LD プレーヤー:Sony HIL-C2EX
 先輩宅でも同型機が存命ですが、我が家のは、電源を入れると同時にフロントカバーを手で開き、テーブルを若干上に上げると動くというかなり危ない状態です。当然、A/B面自動切り替えは動きません。
*DVHS デッキ:Victor(JVCではない) HM-DH30000
 これも手放せませんが、稼働率ほぼゼロ。WOWOW で撮りためたハイビジョン DVHS ソースを「いつか」見るためにキープです。
*ビデオプロセッサ:DVDO iScan Duo
 プロジェクタのキャリブレーション用として購入。現在はリビングシアターにも同じ Duo を使っています=2台持ち状態。

*AV アンプ:Denon AVC-4310
 AV アンプは、数社をさまよいましたが、現在は、Denon に固定。フロントとスーパーウーファーへはプリ出力、他の 5ch は、このアンプで駆動です。
*BD プレーヤー:Oppo BDP-95
 海外通販(Oppoの通販サイト)で購入。画質、動作とも安定感抜群。しかも、私のは DVD リージョンフリー・・・って、BD が US と同じリージョンになった今、US 盤の DVD を無理に見る必要が無くなっているのは事実。
 現行の JP 仕様はコチラですね。

OPPO BDP-105JP(3P-2P電源プラグアダプター付)

新品価格
¥162,500から
(2013/11/27 23:48時点)


*ハイビジョン TV チューナー:Panasonic TU-MHD500
 これも、プロジェクタで TV を見るためにありますが、そもそもプロジェクタで TV を見ないので、ほぼオブジェです。

以上、思い入れもあって、長々と多くの機器を紹介しましたが、現実には、BDP-95 で BD を見るのが多分 95% くらいでしょう。後の再生機器は、実質休眠。こうしてみると、正直ヴィジュアル系は、不良債権多し、という感じですね。

次回は、家族用(?)のリビングシアター機器を紹介します。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **




スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。