fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

有機EL Sony KJ-55A9G キャリブレーション

2020/01/03 17:41 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(4) [Edit]

前回の導入報告(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-274.html)に続き、今回は、キャリブレーションの報告をします。

KJ-55A9Gの購入理由の一つは、Portrait Displays のディスプレイキャリブレーションソフトウエア"CalMAN"によるオートキャリブレーションに対応したことがありました。
画面にセンサーを取り付け、入力された映像信号に対し、正確に再現されるよう校正するのがキャリブレーションです。テレビやプロジェクターを作る側は、「綺麗に見える」ことがお客様に買ってもらえるかどうかの基準になってしまうので、どうしても映像を強調したり色味を変えたりしてしまいます。映像作家や放送側の意図通りに再生しようとすると、残念ながらキャリブレーションは必須になってしまいます。

通常はビデオプロセッサで入力HDMI信号を補正してディスプレイに出力し、最終的な画像が正確になるようにします。(逆補正という感じ)
KJ-55A9Gを始めとするCalMAN対応のテレビは、そのビデオプロセッサをテレビに内蔵したとイメージすれば良いと思います。

今回購入した後、しばらくはキャリブレーションは行わず、ソニーお勧めの「スタンダード」で見ておりました。前回レポートしたとおり、その「スタンダード」さえ、ギラギラ、色オーバーです。BDレコーダーのGUIや民放バラエティの原色キャプションが目に刺さります。
耐えられず、早々にキャリブレーションするに至った次第です。

詳細のキャリブレーション方法は、エディピットさんのホームページ(http://www.edipit.co.jp/products/detail.php?id=194)に詳しい情報が載っていますので省略します。
1点、Sonyさんのとっても残念なところは、せっかく「ビデオプロセッサ」は内蔵したのに、「内蔵パターンソースジェネレータ」を省略してしまったところです。メーターとPCは仕方ないですが、さらにパターンジェネレータまで外付けしなければならないなんて・・・。正直ありえないと言っても過言ではないと思います。パナソニックさん他は、内蔵されているようですので、猛省を促したいところ。
仕方なく私は2K時代のDVDO Duoを引きずり出して、パターンジェネレータとして使用しました。

それでは、測定結果です。

まずは、グレイスケール。色温度6500K、ガンマ2.2を基準としました。R、G、Bの3本のグラフが、中央のゼロの線に乗るのが正確な表現です。
上からソニー推奨の「スタンダード」、映画モードである「シネマ」、最後にキャリブレーション後のグラフです。グラフの上の数字が、平均エラーDeltaEで小さいほど良い結果です。

「スタンダード」:エラー11.2

「シネマ」:エラー4.1
a9g_02_cin_gray.jpg
「キャリブレーション」:エラー0.4
a9g_03_cal_gray.jpg

「スタンダード」は色温度が盛大に青側にずれています。「シネマ」は色温度は正確ですが、中間を映画っぽく見せるために暗くしてあります。「キャリブレーション」は、ほぼ正確。

続いて、カラーチェッカーです。各カラーのドットが、四角い枠に入るのが正確な表現となります。

「スタンダード」:エラー9.0
a9g_04_std_color.jpg
「シネマ」:エラー6.0
a9g_05_cin_color.jpg
「キャリブレーション」:エラー0.8
a9g_06_cal_color.jpg

「スタンダード」は3原色の色域を広げより鮮やかに見せようとするあまり、水色・紫の位置もすっかりずれています。すなわち、作家さんが「水色」と思って出した映像は水色になりません。「シネマ」は、全体にすこし拡張しているもののほぼいいところに行っています。「キャリブレーション」は完璧、と言いたいところですが、3D Lutではないため、中間調がちょいずれ。

実際の映像です。デジカメで、露出固定で、画面を撮影しています。「スタンダード」と「キャリブレーション」の比較を並べます。

BDデモ映像
「スタンダード」
a9g_07_bd1_std.jpg
「キャリブレーション」
a9g_08_bd1_cal.jpg
BD映画屋外シーン
「スタンダード」
a9g_09_bd2_std.jpg
「キャリブレーション」
a9g_10_bd2_cal.jpg
BD映画室内シーン
「スタンダード」
a9g_11_bd3_std.jpg
「キャリブレーション」
a9g_12_bd3_cal.jpg
BD映画屋外シーン
「スタンダード」
a9g_13_bd4_std.jpg
「キャリブレーション」
a9g_14_bd4_cal.jpg
BS4K動物
「スタンダード」
a9g_15_bs4k_std.jpg
「キャリブレーション」
a9g_16_bs4k_cal.jpg

「スタンダード」は、明るさのみならず、人肌が青白かったり、水色のアスファルト、作業員のおじさんのTシャツの赤もギラギラ、芝生が妙に黄緑等、色がやはりおかしいのがデジカメでもわかります。
「キャリブレーション」は地味に見えますが、これが元々の映像作者の意図というところでしょう。

キャリブレーションを行うことによって、我が家のKJ-55A9Gは実力を発揮しました。何を見てもその映像の美しさに見とれます。買った状態でなんでこうならないんでしょうか?それは我々パッと見で「綺麗!」「暗い!」とか判断してしまうユーザーにメーカーが合わせてしまっているわけで、ぐるっと回って自分たちのせいでもあるんでしょうね。

向上代はとても大きいですので、機材をそろえるチャレンジが可能な方には、ぜひお勧めします。

って言われても、そんなの無理!という方には、せめてもの情報ですが、ソニーのお仕着せセッティングの中では「カスタム」の「標準」が比較的エラーが小さいことをご報告しておきます。グレースケールのエラーは2.1、カラーチェッカーのエラーは2.5です。(下にグラフを添付します。)
この「カスタム(標準)」をベースに、明るさを調整し、色以外のデジタルリアリティクリエーションやノイズリダクションを好みに設定するのが、キャリブレーションを行わない中での次善策となります。お持ちの方は、ぜひ一度お試しを!

a9g_17_cus_gray.jpg
a9g_18_cus_color.jpg

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **















スポンサーサイト




有機EL Sony KJ-55A9G 導入

2020/01/02 17:22 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

我が家のリビングシステムは、パナソニックの50インチプラズマ TH-P50VT3 を中心としたシステムでした。

もちろん解像度は 2K。
4Kに興味は沸くものの、4Kチューナーのついていない段階では選択肢として無し。また、プラズマテレビをキャリブレーションして正確な色再現をさせていたので、液晶の???な発色には、耐えられませんでした。
まぁ有機ELが買える値段になって、4Kチューナーも内蔵されたらね、と自分で自分に言っていたのですが、そろそろその条件も整ってきました。
そこで、年末に思い切って、有機ELを導入。
kj55a9g_02.jpg
選んだ機種は、ソニーの KJ-55A9G です。

ソニー SONY 55V型 有機EL テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55A9G

新品価格
¥247,310から
(2020/1/2 17:12時点)


今回は、その導入と第一印象をレポートし、次回、CalMANを使ったキャリブレーションについて報告したいと思います。

まずは、導入ということで、なぜ、この機種を選んだか?
・有機ELで4Kチューナー内蔵
 まずは、これが今回購入にいたる発端です。
・CalMANによるオートキャリブレーションに対応している
 長年CalMANとビデオプロセッサを使ってのキャリブレーションを行ってきましたが、プロセッサがテレビに内蔵されるのは魅力的。TV放送も校正された状態で視聴できます。
・アコースティックサーフェース&センタースピーカーモード
 センタースピーカーとして、PMC の TB2SM-C を使用していましたが、TVの上に設置していたため、セリフが上に引っ張られ、違和感大でした。画面から音がでて、それをセンタースピーカーに割り付けられるのはありがたいです。
kj55a9g_04.jpg
・ソニーBD-RECとの相性
 レコーダーは、ソニー製を愛用していますので、相性も良いと踏みました。
・高画質
 ソニーとしてはハイエンド機種となります。ここについては、店頭でGZ2000と比較すると・・・・でしたが、現時点価格差も!!!でしたので・・・。

第一印象です。
・高精密な映像
 この機種が、というより4Kが、ということになるんでしょうが、思った以上にハイビジョンとの差異を感じました。購入して家に持って帰るまでは、「とはいっても50インチそこそこでは、2Kも4Kも分かるまい」と思っていました。が、VHSからLDに変わったとき、DVDからBDに変わったとき、と同じような差異を感じました。
・黒~白へのダイナミックレンジの広さ
 これも有機ELを舐めてました。プラズマからの買い替えでもわかる圧倒的なダイナミックレンジ。
・思ったより画面は明るい
 なにかWEBニュース等で、4Kテレビには暗いという根本的な問題がある、というようなネガティブキャンペーンが貼られていたので、覚悟していたのですが、予想外に明るい。というか明るすぎくらいです。標準が明るさ最大にセットされているのですが、家でこんな光量で見る人いるんでしょうか?
・アンドロイドTVの反応は上々
 ソニーのBD-Recにてメニューの反応がスローモーション?な機種を使っているので、アンドロイドTVの反応は少し不安でした。が、全く問題なく、ストレスのない動きをしています。

買ってみてわかった???なところは、
・リモコンがブルートゥース専用
 これは普通だと「画面に向けなくてよいので便利」となるのですが、我が家ではネガティブポイントです。それは、学習リモコンに学習させることができないこと。せめて赤外線とブルートゥースの切り替え選択式にしてほしかった・・・。
・画面が少し後ろに傾いている
kj55a9g_03.jpg
 サイドに置いているスピーカーと見比べていただけるとわかるのですが、画面が微妙に後ろに傾いています。先代のハイエンドがデザインコンシャスに「床置きで映える」ものになっていたことに影響を受けているようですね。少し低めのラックなら大丈夫と思います。
・センタースピーカー入力端子が極細
kj55a9g_05.jpg
 期待のセンタースピーカー端子ですが、極細のスピーカーケーブルしか受け付けません。だいたいテレビをセンタースピーカーに使うということはAVアンプを使っている「マニア」な人なわけですので、そんなに細いケーブルを使うわけがないじゃないですか・・・・。
kj55a9g_06.jpg
 ということで初めて、ケーブルターミネーターというアクセサリーの活用方法を知りました。
・店頭モードである「ダイナミック」だけではなく「スタンダード」も派手にチューニングされている
 ダイナミックが店頭のみでしか使えないことは理解していて、ソニーおすすめの「スタンダード」でしばらく見ておりました。が、バラエティ番組等の原色のついたキャプションがギラギラ。ソニーのお勧めがそんなにずれているはずがないので、有機ELを想定していない放送側の失敗か?と思っていました。しかし妻の「蛍光灯で後ろから照らされてる広告看板写真を見るよう」との言葉もあり、CalMANで確認したところ、盛大にチューニングされていました。詳細は次回キャリブレーションの報告で述べますが、お客さんのほとんどが「スタンダード」で見ることを想定すると、ソニーさんの良心を疑います。「綺麗に見える映像」と「綺麗な映像」は違う、ということをご存じの会社と信じていたのですが・・・。やはり真実よりお客さんが(綺麗と思って)買ってくれるかどうか?ってことでしょうか?
「カスタム」の標準戻しが比較的忠実な色再生になりますので、もし今「スタンダード」で見られている方いらっしゃいましたら、そちらをお試しください。
・CalMANキャリブレーション時に内蔵パターンジェネレータが無い
 キャリブレーションになんと外付けのパターンジェネレータを要求されます。普通持ってないでしょ。

年末導入し、その映像の美しさに、あれやこれやと次々に映像を見ている今日この頃です。(4K紅白も堪能しました。)
今更ながら4Kテレビ(有機EL)は良いな、と思った第一報までです。
 
takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **














プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR