fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

電源引き込み線工事完了!

2019/03/10 15:19 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

昨年から行ってきたオーディオ用専用電源工事の件、電力会社さんの引き込み線工事をもって、ついに完了しました!

我が家の電源工事は、さすがに「マイ柱上トランス」まではいかず、ご近所と共有の送電線からの供給となります。そこから我が家のスッキリポール(下写真の茶色いポール)に入り、メーターの直後で、家庭用とオーディオ用に分割です。

昨年末、出水電器さんには、我が家のスッキリポール上端から屋内まで完璧な電気工事を実施していただきました。(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

送電線(下写真の①赤)と出水電器さん施工の自宅電源(下写真の③緑)を、つなぐオーディオと家庭用共用の引き込み線(下写真の②黄色)の引き直しが今回の施工内容です。
引き込み線工事_01
ここは電力会社さんの持ち物になるため、後日工事となった次第です。

我が家の引き込み線は、20 年前の新築時に低アンペアの契約をしたせいか、涙がでるくらい細い線です。(下の写真の「お隣」行きの線と比べると悲しくなります・・・)
引き込み線工事_02

こちらがスッキリポール上端での、電力会社さんと自宅の結合部。
引き込み線工事_03

工事は、活線状態の200V線の皮を向き、そこに分岐端子を設ける作業でした。素早い作業にプロの技を感じました。
引き込み線工事_04
作業車2台に、交通整理の方まで来られて、ちょっと恐縮しました。

では、施工前と施工後の送電線側の様子です。破線が引き込み線です。

こちらが施工前
引き込み線工事_05

こちらが施工後
引き込み線工事_06
「ひょろひょろ」な線から、「しっかり」した線に変更され、オーディオ的にも良さげです。

完成した全景です。
引き込み線工事_07
我が家にやってくる電気の最上流 4~5m が、太い線に変わったことになります。

先日の電源工事レポートでは、「日々音が変わっていく」と報告しましたが、数ヶ月経って、今回の引き込み線も含めた音について報告します。
オーディオ仲間にも試聴してもらいましたが、誰が聴いても、「全く違う」と言えるくらいの変化です。変なことをいうようですが、スピーカーやアンプの買い替えより、今回の電源工事(屋内配線含め)のほうが変化が大きいと感じます。過去のグレードアップでは、こんな大幅な変化は感じたことがありません。
まず、すべての音が「鮮明」になりました。ノイズが減って「滑らか」という想像が工事前でしたが、現実の工事結果は「鮮明」または「鮮烈」が適切かと思います。
工事直後は、音がきつく感じましたが、それは3週間くらいで収まり、ただ、ピシッと角が尖った状態はキープ。我が家のスピーカーはモニター系の PMC FB-1 なのですが、その実力が購入後初めて出たのかもしれません。
低音も「ゴリッ」と鳴るようになり、実は 2ch にも SALogic のウーファーを使っていましたが、これを外すことに。機器を全く入れ替えていないのに驚きです。
前回もレポートしましたが、サラウンドでは音の位置関係も大きく変わり、2ch は、エコー成分が明確に聞こえるようになり、家族から「お風呂感でたね」と言われるくらいです。重ねて申しますが、機器変更ナシです。不思議です。

それなりに費用もかかる工事でしたが、その効果は絶大。ベースとして、これを最初にやっておくべきだった、というのが現在の感想です。
これからセッティングで楽しんでいこうと思います。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **












スポンサーサイト




プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR