fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

我が家のピアノの謎

2017/03/26 12:23 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

今回はオーディオでは無い話題を一つ。

我が家のアップライトピアノの調律を久しぶりにお願いしました。
我が家のピアノは、17 年ほど前に購入したアンティークピアノ(購入の際、全塗装を含む修復をしてもらっています)です。
piano_01.jpg
妻が温かい音に惹かれて購入。
購入した際には、「おそらく 1900 年頃の製造と思われる」とのことでした。そのため、100 年以上前のものとなります。
鍵数が 85 鍵(「ラ」まで)と、現代のピアノより 3 音少ないです。
また購入時は、背面にねずみよけと思われる金網が張ってありました。(共振して鳴るので取り外し)

ブランドは、「ERNST HOMEYER」。ライプチヒとの表記もあるので旧東ドイツ?
piano_02.jpg

色は元々黒でおどろおどろしかった(夜中に勝手に鳴りそう・・・)ので、茶色に塗り替えてもらっています。
piano_03.jpg

「eh」のブランド名も鋳だされています。
piano_04.jpg

今回、初めて調律に立会い(私自身はピアノを弾かないので)、少々疑念が。
piano_05.jpg
いくら修復が良い、と言っても、あまりにキレイすぎないか?100 年という感じがしません。

そこで、インターネット(購入当時は今ほど情報が無かった)でブランドの情報を調べると、ウソのように全くありません。
で、唯一見つかったのは、浜松のメーカーでそのようなブランドのピアノを作っていた・・・ということ。
これは一体?
しかし、1900年頃には、そのメーカーはまだ存在しません。

とっても良い音で、家族全員気に入っているので、いいんですが、なんとなく本当のことを知りたい謎のピアノです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **
















スポンサーサイト




SHANTI、ライブで聴いてきました

2017/03/23 23:52 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

子ども達と一緒に、結城で行われたイベント「結のおと」に行ってきました。
http://yuinote.jp/
お目当ては、「宮本貴奈 with Special Guest SHANTI」。
http://yuinote.jp/artist2017#artist_miyamototakana_with_specialguest_shanti

これまでも拙ブログにて絶賛してまいりました SHANTI さんですが、実は生で聴くのは初めて。否応無しに、期待は高まります。
SHANTI / LOTUS FLOWER http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
SHANTI / Share My Air http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
カバーのカバー ~期待の新譜2題~ http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-124.html
SHANTI の新作・・・・ハイレゾも同時発売! http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

舞台はカフェの中に設けられた小さなステージ。
http://www.cafelafamille.com/infor.html
風の吹く寒い中、並んだかいあって、2列めの席に子ども達と陣取りました。

まずは、宮本貴奈さんが、エレクトリックピアノのローズで、ノルウェーの森を演奏。また、これが「丸く」て良い音でしびれます。

そして、SHANTI さん登場。我々の席から、2メートルと離れていないところで、「平成の歌姫」の唄声を聴ける夢のような時間が始まりました。

先のブログでも紹介しました「Dat Dere」も演奏され、リッキー・リー・ジョーンズ版を私から嫌というほど聴かされている娘も「あ、知ってる!あの赤ちゃんの声が入っている曲だ!」と嬉しそう。
個人的には SHANTI さんの曲で一番好きなのは Simmering Eyes なのですが、インディーズ時代のアルバム曲なので、きっと演奏は無いだろうなと思ったのですが、まさかのフランス語版での歌唱があり、感激ひとしお。(ライブでは良く演奏されているそうです。)

アンコールでは、「2 曲のどっちにしよう?」と宮本さんと相談。客席からの「両方!」との声に、本当に 2 曲とも演奏されるおまけ付き。45分のステージのはずが、結局 1 時間を軽く越えていたように思いますが、あっと言う間の時間でした。

宮本貴奈さんとの息もピッタリで、素晴らしいライブアクトでした。ライブは「ノリ」と引き換えに演奏も「乱れ」もあるわけですが、お二人は、ほとんどパーフェクト。プロってすごい、と変に感動。

SHANTI さんの唄の素晴らしいところは、前にも書きましたが、歌唱のテクニック、声のパワーのみならず、「言葉」に感情がこもっていることかと思います。オーディオを通して聴いても、ものすごく感情が伝わってくるわけですが、生になるとさらにすごい。シンガー・ソングライター、恐るべし。
どちらかというと男女の恋愛というよりは、親子の愛的なテーマの曲が多いことも、家族持ちとしてはとても心に響きます。(そういえば、舞台のカフェの名前も「家族」でしたね。)

これまで色々なアーティストのライブを聴いてきましたが、今回は、かなりやられました。The Best of The Best、としか言いようがないです。

日頃、ライブに連れて行っても、「あっ、良かったよ」というだけの小学生の娘が、ライブ後に SHANTI さんと撮った写真を机に飾り、「今度、SHANTI ちゃんのライブあったら、『絶対』連れて行ってよ!」と。
私だって行きたい、ぜひ行きましょう!ちゃんとライブの予定をチェックしないと・・・。

最後に、一応、オーディオ・ブログなので、オーディオ的なコメントも。PA もあったのですが、なにぶん距離が近かったので十分に肉声も聴かせていただきました。結論的に言うと、我が家のオーディオの方向は間違っていないことが確認出来ました。しめしめ。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **













KaNaDe03 用スパイク受け製作

2017/03/08 23:09 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

先日、メインスピーカーである PMC FB-1 のスパイク受けとして、金井製作所のKaNaDe03 を導入しました。
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

機器用ハイクオリティ複合材フット奏φ50「 KaNaDe03」4個入り(金井製作所)

新品価格
¥18,500から
(2017/3/8 22:38時点)


音の響きがよくなり、また高域の歪感が減りました。

しかし、前回レポートでも記載しましたとおり、スパイクが深く突き刺さってしまいます。周長の長いところでスパイクとKaNaDe03が接触することになり、また楔が突き刺さったようになっているので精神衛生上とても良くない。
FB-1の鋭角なスパイクを、aetの比較的鈍角の物に替えましたが、沈みこみ量は減るもののやはり深く刺さってしまいます。

交換したスパイクはコチラ。

AET M8規格スパイク 4本 HS-M838HV

新品価格
¥6,480から
(2017/3/8 22:42時点)



元々スパイク受けとして作られているわけではないので、中心の穴が大きい(直径6mm弱)のが原因です。
KaNaDe03Spike_02.jpg

また音についても、もう少し色づけしたいところ。

そこで、この穴に嵌まるスパイク受けを真鍮で製作することにしました。
えいっと図面を書いて、いつもの加工屋さん(日本プレート精工さん)に製作してもらいました。

出来上がったのがコチラ。
KaNaDe03Spike_03.jpg
小さい部品ですがキレイに削り出していただきました。

KaNaDe03 に取り付け。
KaNaDe03Spike_04.jpg
当然ですがぴったりです。しめしめ・・。

早速、スピーカー下に投入。
KaNaDe03Spike_05.jpg
スパイク先端の拡大です。
KaNaDe03Spike_06.jpg
スパイクが本来あるべき姿で支えられています。

全景です。
KaNaDe03Spike_07.jpg
見た目以上に、触った時のしっかり感が印象的。再度、しめしめ・・・。

肝心の音です。
歪感が更に減りました。アンプの音量を更に上げても気持ちよく聴くことができます。
また音の左右への拡がりも明確に。スピーカーがしっかり固定された効果かと思います。
そして、真鍮による色付け効果ですが、こちらは少し思惑が外れたかもしれません。すこし綺羅びやかになりすぎたか・・・。まぁ、許容範囲です。

全体的に見ると、まずまず成功、という感じです。
この状態でしばらく聴き込んでいきたいです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **












プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR