fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

矢野顕子新譜「飛ばしていくよ」、ハイレゾ音源の発売は?

2014/02/28 07:58 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

来る3月26日に、矢野顕子の新譜「飛ばしていくよ」が発売されます。

飛ばしていくよ

新品価格
¥3,150から
(2014/2/28 07:41時点)


01.電話線
02.飛ばしていくよ
03.YES-YES-YES
04.リラックマのわたし
05.在広東少年
06.ごはんとおかず
07.ISETAN-TAN-TAN
08.愛の耐久テスト
09.Captured Moment
10.かたおもい
11.Never Give Up on You

いい具合に新曲とおなじみの曲がならび期待大です。

が、ここで問題。
CDの発売元は、「ビクター・エンタテインメント」。
http://victorentertainmentshop.com/product/?item_cd=VICL-64141
ビクターといえば、最近、独自のハイレゾ音源配信サイトを立ち上げたばかり。
http://hd-music.info/group.cgi?page=1

このタイミングからいうと、矢野顕子初のハイレゾ音源発売の期待が盛り上がります。
が、残念なことに、どこにも告知がありません・・・。

つい先日も、奥田民生の最新作「OT Come Home」

O.T. Come Home

新品価格
¥2,560から
(2014/2/28 07:50時点)

にて、CD を購入した直後に、ハイレゾ配信が始まり、迷った末にそちらも「買増」するはめになった悲しい記憶が・・・・。
http://mora.jp/package/43000001/4560427276991/

CD が発売されてもじっと我慢してハイレゾを待つか、それとも諦めて発売日に CD を購入するか・・・。悩ましいところです。

ハイレゾ配信される「予定」のディスクの一覧みたいなサイトができるといいですねぇ。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **










スポンサーサイト




試聴会用の「課題曲」を選定しました

2014/02/09 23:07 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(2) [Edit]

来る 23 日に、仲間が集まり、試聴会をすることになりました。
まずは我が家で聴いてから Y 先輩宅に移動し、両方のシステムを楽しもうという感じで企画しています。

前回の試聴会の際に、新加入の若者(一回り・・か、二回り下かも?)が、共通する曲が中々なく、今ひとつ試聴がうまく行かなかったのを反省し、今回は、事前に「課題曲」を選定することにしました。
我が家と Y 先輩宅でも同じ曲の方が、より理解しやすいですし・・・。
forthestars.jpg poppop_20140209230555726.jpg homegirljourney.jpg


作ってみたら、中々味のあるリストになりましたので、紹介させてください。
ついつい我が家が得意とする「女性ボーカル」「ピアノ」が中心になってしまったのが、若干ずるですが。

1. Broken Bicycles/Junk 4:06
Anne Sofie Von Otter Meets Elvis Costello
アルバム “For The Stars”より

Anne Sofie von Otter meets Elvis Costello: For the Stars

新品価格
¥1,017から
(2014/2/9 22:17時点)


 オペラ歌手のアンネ・ゾフィー・フォン・オッターが、エルビス・コステロとのクロスオーバーでポップスを歌った名盤。私の試聴定番です。コステロとのデュエットの「Broken Bicycles/Junk」を選択。

2. ターミネーター2 3:13
J・スコット指揮ロイヤル・フィルハーモニー・ポップス管弦楽団
オムニバス “SBM Special Edition~Audio Edition”より

SBMスペシャル・エディション~オーディオ・エディション

中古価格
¥111から
(2014/2/9 22:21時点)


 ソニーの SBM のデモディスクから一曲。管弦楽も入れるべしということでの選択。

3. Cold Cold Heart 3:38
Norah Jones
アルバム “Come Away with Me”より

Come Away With Me

新品価格
¥2,573から
(2014/2/9 22:22時点)


 これは、オーディオ愛好家定番ということで入れてみました。あえて、タイトル曲ではなく「Cold Cold Heart」で、ノラさんの声質を聴いてもらいます。

4. 真夏の果実~Summer Blue~ 4:54
SHANTI
アルバム “BORN TO SING”より

Born to Sing

新品価格
¥3,360から
(2014/2/9 22:24時点)


 曲・ボーカル・録音ともに最高な SHANTI のアルバムですが、あえて聴いたことのない人を想定し、カバー曲を選んでみました。

5. ストラヴィンスキー:「春の祭典」(1947年版)第1部:大地礼賛より春のきざし-乙女たちの踊り-誘拐 4:35
ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(指揮)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
アルバム “ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(1947年版)”より

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

新品価格
¥3,150から
(2014/2/9 22:28時点)


 我が家のシステムは、クラシックが苦手なんですが、一応一曲は入れようかと。大太鼓の響きを聴いてみましょう。

6. Witchcraft 2:21
Claire Martin
アルバム “Witchcraft”より

Witchcraft: Songs of Cy Coleman

新品価格
¥1,620から
(2014/2/9 22:30時点)


 リン・レコーズのクレア・マーチンのアルバムです。ボーカルの掛け合いが楽しいタイトル曲「Witchcraft」を選択。

7. 蘇州夜曲 3:20
SANDii
アルバム “Pacific Lounge Classics”より

 なぜか、Amazon にも楽天もありませんが、SANDii のピアノ歌唱アルバムです。その中に一曲だけ入っている日本語曲「蘇州夜曲」です。これが、とっても丁寧に大切に歌われていて心を打ちます。

8. Dat Dere 4:10
Rickie Lee Jones
アルバム “Pop Pop”より

Pop Pop

新品価格
¥411から
(2014/2/9 22:37時点)


 多分私がオーディオ店に持ち込んて試聴に使った回数が最も多いこのアルバム。曲目は「Dat Dare」。この曲は子供の声の S.E. も聴き所。大阪の某オーディオ店で視聴させてもらって時には、その S.E. が空中にくっきり定位し、さらにスピーカー間を飛び回って度肝を抜かれました。その後、どのオーディオ店でもそんな現象には出会わず。どちらが正しいんだろう?

9. Something Stupid 2:40
細野晴臣
アルバム “Heavenly Music”より

Heavenly Music

新品価格
¥2,000から
(2014/2/9 22:41時点)


 細野さんの最新アルバムからも一曲。アン・サリーとのデュエット曲です。低音かつ、ゆるい感じがとってもいいです。

10. QED 4:13
GONTITI
アルバム “KIT”より
kit.jpg

KIT

中古価格
¥1から
(2014/2/9 22:44時点)



 ギターも聴きましょうということで、GONTITI。このアルバムも、もう中古しか手にはいらないんですね。

11. Paper Doll 3:10
矢野顕子
アルバム “Home Girl Journey”より

Home Girl Journey

新品価格
¥1,619から
(2014/2/9 22:47時点)


 これも私の試聴の定番。曲の前に、矢野さんが足でテンポを取るのですが、我が家では、それが、まるでゾウが暴れているようにドシンドシンと響きます。オーディオって、難しい・・・。

12. Bohemian Rhapsody 5:55
Queen
アルバム “Greatest Hits”より

Greatest Hits (2011 Remasters) (UK Edition)

新品価格
¥1,534から
(2014/2/9 22:49時点)


 我が家ではなかなかうまくならない曲の一つ。クイーンのボヘミアン・ラプソディです。音像を飛び回らせる等の小細工が聴きどころか?

13. 椿 5:44
柴田淳
アルバム “親愛なる君へ”より

親愛なる君へ

新品価格
¥1,950から
(2014/2/9 22:51時点)


 これは、Y 先輩宅でいつも聞かせてもらっている定番。女性ボーカルの難しさを痛感します。

14. Norwegian Wood(This Bird Has Flown) 2:17
サージェント・ツゲイズ・オンリー・ワン・クラブ・バンド(告井延隆)
アルバム “THE BEATLES 10”より

THE BEATLES 10

新品価格
¥1,583から
(2014/2/9 22:53時点)


 ギターをもう一つ。こちらは、ギター一本のみで、ビートルズの楽曲をカバーしようという意欲作。他の音が無いので、集中して聞けます。我が家では、うまく定位しないのが難点。

15. Hotel California 6:30
Eagles
アルバム “Hotel California”より

ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)

新品価格
¥2,518から
(2014/2/9 22:55時点)


 ここにもう一曲定番を入れておきます。だって、新人さんが、何を聴くのかさっぱりわからないので。

16. カナリア諸島にて 4:11
今井美樹
オムニバス “A LONG VACATION From Ladies”より

A LONG VACATION from Ladies

新品価格
¥8,640から
(2014/2/9 22:57時点)


 年末に急逝された大瀧詠一の名盤「 A Long Vacation 」を、曲順そのままに、女性がカバーした粋なアルバムです。ここでは今井美樹の「カナリア諸島にて」で行きます。

以上、16 曲を使ってデモしたいと思っています。振り返ってみると、明らかに「女性ボーカル」が多く、かなり無理のあるリストですが、これも我が家で有利になるため・・・ズルですが。

さてさて、どんな試聴会になるか、当日が楽しみです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **








驚愕!米 SpectraCal 社の最恐(最凶?)キャンペーン!「競合社製品を破壊したビデオでディスカウント!?」

2014/02/06 23:02 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

私はホームシアターのプロジェクタやプラズマのキャリブレーションに、米 SpectraCal 社の CalMAN というソフトウエアを使っています。

ちょっと古い情報ですが、CalMAN5 RC版のレポートはコチラ(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-99.html)

本日、SpectraCal から来たキャンペーンのお知らせメールを見て驚愕!あまりの内容に、笑っていいかどうかも苦しみますが、面白いので紹介します。



メールの内容はコチラ

------------------------------------------------
Help SpectraCal expunge the calibration menace that is Datacolor Spyder.

We're offering a $50 credit to anyone who mails in their unwanted Spyder, or who sends us a photo or video of their destroyed device. Submitted media will be entered in SpectraCal's Spyder Destruction Contest for a chance to win up to $3859 in prizes.

It's time to update your calibration hardware!
------------------------------------------------

SpectraCal は以前からいろいろな販促キャンペーンをやっていました。自社や他社のキャリブレーション用メーターを送ると、新しい SpectraCal のメーターを安く買える等のいわゆるアップグレード・キャンペーン。これは、日本でも時々見かけますね。(特にソフトウエアでは常套手段です。)

まぁ、またその一種かと思いながら見てみると・・・、どうも対象が Datacolor 社の Spyder 名指しです。私も以前は Spyder を使っていましたし、SpectraCal 自身も Spyder のセンサーをベースにした OEM センサーを売っていた時期もありました。名指しとは、ちょっとえぐいなぁと思いながら読み進めると・・・

「不要な Spyder を送ってくれれば、$50 のクレジット(ストアで使えるディスカウント)をオファーします。」

ここまでは、良かったんですが、次をみてビックリ!

「もしくは(その)デバイスを破壊した写真かビデオを送ってくれた人(!)も。」

だそうです・・・。
確かに送り返すのも手間だし、送り返された方も古いセンサーなんか捨てるしかないし、分かるんですが、競合他社の製品を壊しているビデオでディスカウントなんて、それは、人としていかがなものか?

さらに読み進めると、さらなる驚愕が!

「それらのメディア(写真かビデオ)を送ってくれると自動的に『 Spyder 破壊コンテスト』にエントリーされ、最高 $3859 の賞品が・・・」

やっぱ、すごいぞ、アメリカ。

これを見た瞬間に浮かんだのは、飛行機から Spyder を落として壊すビデオや、でっかい四駆で Spyder を踏み潰すビデオや、あまつさえ Spyder を爆破するビデオを楽しげに作るであろう人たちの姿でした・・・。

よく見るとメールにリンク先(コチラ:http://color.spectracal.com/spyder-destruction)があり、ビデオの例までありましたよ・・・・。



おふざけもここまで来ると、ちょっと怖いです。

さらに、「ルール」の項目を見て笑いが引きつりました。

・怪我をしないように!気をつけて!ゴーグルもつけてね!子供を近づかせないように!
・SpectraCal は、違法な兵器や爆発物の使用を容赦しないし、推奨しません。
 (やっぱ、爆破するやつがいると想定してるんだ・・・)
・航空(空中)での破壊ビデオは、近隣や公共物や国有林にリスクを与えていないという宣誓書がある場合のみ受け付けます。
 (う、受け付けるんですね・・・。)
・送られたすべての写真やビデオは、SpectraCal の所有物になり、権利は SpectraCal に譲渡される。
・環境破壊や身体的危害の証拠を含んだ写真は受け付けません。

繰り返しますが、やっぱり、すごいぞアメリカ。

日本からも挑戦する人、いるんでしょうか?
話題としては面白いけど、ちょっと引きますよね・・・。

みなさんはどうですか?

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **








SPEC リアルサウンドプロセッサー RSP-301

2014/02/02 11:23 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(1) [Edit]

SPEC のリアルサウンドプロセッサーというオーディオアクセサリーを導入しました。

**導入経緯はコチラ**(http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/20140125/41059/)

スピーカーの中高音端子に並列に接続し、スピーカーからの逆起電力をキャンセルするとのこと。
その導入記と我が家での音質傾向、周波数特性への影響をレポートします。

スペック リアルサウンド・プロセッサー RSP-301 (2台1組)

新品価格
¥63,000から
(2014/2/2 08:56時点)



SPEC のリアルサウンドプロセッサーは、ホームオーディオ用として RSP-101 と RSP-301 の 2 機種が設定されています。他にも、カーオーディオ用とホームシアター用の製品もあるようです。

** SPEC ホームページはコチラ**(http://spec-corp.co.jp/audio/RSP-101/)

今回のレポートは、上位機の RSP-301 の方です。Arizona Capacitors のオイルコンデンサーを搭載しているのが下位機に対する差異のようです。

下位機の RSP-101 はコチラです。

スペック リアルサウンド・プロセッサー RSP-101 (2台1組)

新品価格
¥47,250から
(2014/2/2 09:12時点)



箱を開けると「SPEC」印入りのハンカチ(磨き布だそうです)に包まれたウッドケースの本体が 2 ケ出てきました。


サイズは手のひら+αくらいです。上面に「SPEC」の焼き印有り。


スピーカー端子は、WBT 製と思われる豪華なものが搭載されています。ケーブルもそれなりのものを準備しなければならないのではという強迫観念が・・・。


背面にはフェルト足が 4 ケ所。きっとこれを剥がすと、ボルトの頭が出てきて分解できるんでしょうけど・・・やめておきましょう。こちらも焼き印と製造番号あり。


ケーブルは自分で準備しなければなりません。どんなケーブルでも良いというようなことが書いてありましたが、前出の WBT 端子にビビリ、AET の PRIMARY F500 を買ってきて、ばらして作りました。

PRIMARY-F500【税込】 AET 切り売り/1m単位スピーカーケーブル AET [PRIMARYF5001M]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:3,024円
(2014/2/2 09:58時点)
感想(0件)




当初、60cm 長にし、両端フルテックのカシメタイプロジウムメッキの Y ラグとしました。が、良く説明書を読むと短いほどよいと書いてあり、泣く泣く片側のカシメ済端子を見捨て、半分に切断。30cm として、今度は後悔しないようにネジ止めのバナナにしました・・・。予算の都合でバナナは、ゴールド。

フルテック オーディオ・グレード Yラグ端子 FP-203(R) ロジウムメッキ (4本1組)

新品価格
¥3,180から
(2014/2/2 10:02時点)



フルテック オーディオ・グレード バナナプラグ FP-202(G) 24K金メッキ (4本1組)

新品価格
¥5,030から
(2014/2/2 10:03時点)



究極に短くするには思い切って市販のジャンパー線で繋いでしまって、本体をぶら下げても良いかも。

スピーカーの背面の中高音(我が家は PMC FB1 なので単に高音)端子に接続して完成です。


我が家は、シングルワイヤー接続で、ジャンパー線は Airbow-Aet の Evidence Jamper (http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-148.html)です。スピーカーケーブルも合わせると、背面はかなりややこしい状態です・・・。白/赤が今回追加した RSP-301 のケーブルです。


それでは試聴です。

試聴機器は以下のとおり。
 アンプ Esoteric I-03
 スピーカー PMC FB1
 プレーヤー Linn Klimax RenewDS改

まずは、想像で、暖かく柔らかい側にシフトすると思っていましたが、意外に尖ったところはきちんと尖って再生されます。
変化点としても最も大きいのは、無駄な付帯音が整理されることです。その分、倍音が綺麗に響きます。ギターやピアノの高音、パーカッションの金属系のパートが、美しいです。
また、定位がしっかりし、音像がコンパクトになりました。

いままで付帯音に消されてた細部(例えばボーカルの息継ぎのノイズ)が、浮び上がります。ここで、あぁ、それで「リアル・サウンド・プロセッサー」という名前になったのかと納得。

一方、音の回りにあったものが整理された分、若干寂しい感じもします。聞き慣れたソースでは、今まで聴いてて聞こえなかったものが聴こえる一方で、ここでこの音がするはずと思った音が出て来ずにビックリ。

エージングでの変化は非常に大きいです。
試聴50時間ほどして初めて本領を発揮しました。当初は、ある曲のある音にしか効かない感じでしたが、効果度が徐々に増し、かつ拡がってくる感じです。

また、音量でいうと、大音量ほど効果が大きいように思いました。ケーブルは、前出のとおり、60cm と 30cm を謀らずも比較することになりましたが、短いほど良いというのも正解のようです。

念のため、有り無しの周波数特性比較もしてみました。

結果的にはびたびたに重なっていますので、周波数特性への影響は無いようです。

以上が我が家での印象ですが、物の有り様から考えると、スピーカーやアンプによって、効果やその度合は異なることが予想されます。あくまでご参考まで。多分、自宅で試すまでその効果が分からない、更に月単位でのエージングも必要というオーディオファン泣かせな機器であると思われます。

総合的に見ると捨てがたい魅力もあり、我が家では「採用」です。
ただ、曲によって、つけたり外したししたくなるのは、事実。エージングにより人間の方も慣れて、徐々にそんなことも無くなってきましたが。

RSP-301 に夢中になりオーディオルームに篭った後、久しぶりにリビングのオーディオを聴いたら「煩さ」「歪っぽさ」に閉口。思わず、リビング用に RSP-101 を買ってしまいました・・・。

導入記の動画レポートも準備しましたのでよろしければコチラもどうぞ。有り無しの音声比較もありです。(ビデオでは聴き取れませんが・・・・)


takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **












遂に出ます!加藤和彦海外録音 3 部作オリジナル音源!

2014/02/01 09:43 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

待ちに待った時が遂にやってくるようです。
加藤和彦のソロ・ワークの頂点、いわゆる「海外録音 3 部作」の「オリジナル音源」が発売されます。

3部作

2014 年 3 月 20 日に、リットーミュージックより、CD 封入の書籍として発売です!

バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 (CD3枚付)

新品価格
¥7,140から
(2014/2/1 08:57時点)



リットーミュージックの商品紹介はコチラ

加藤和彦の海外録音 3 部作は、以下の 3 作品。

・1979 年の「パパ・ヘミングウエイ」(バハマ・ナッソー録音)
・1980 年の「うたかたのオペラ」(ベルリン録音)
・1981 年の「ベル・エキセントリック」(パリ録音)

海外で録音するということがまだ珍しかった当時に 3 作連続での海外録音。しかも、それぞれが「出来た曲を集めました」という当時主流のアルバム制作と違い、明確なコンセプトを持って、そのコンセプトに合わせてアルバムを作り出しています。さらに、当時の日本のトップアーチストをごっそり海外まで連れて行って録音という驚き。(細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一、矢野顕子・・・)

あまりの新しさに当時の音楽ファンに衝撃を与えました。当時高校生の私も、一発ノックアウト。ここから、加藤和彦の作品を追っかける日々が始まりました。

当然 CD の時代の到来とともに、CD で再発されましたが、ここからが問題。なぜか、オリジナル音源が使われていなかったのです。また、「パパ・・・」と「うたかたの・・・」は、ジャケットも「ベル・エキセントリック」のように金子國義のものに差し替えられていました。ジャケットは、我慢するにしろ、オリジナル音源が使われていないのは、オリジナルを死ぬほど聞いている側としては、違和感大。

さらに、年月を経て、今度はマイナーレーベルから、再販。紙ジャケット化され、ジャケット写真もオリジナルが復活。遂に、オリジナル音源かと、思いきややはりコチラも、違っていたようです。私は購入していませんので、どこが違ったのかはわかりませんが。どうも加藤和彦自身の意向もあり、オリジナルそのままにはならなかった模様。返品運動まで、進んだ人も居た模様です。

そして、今回です。
リットーミュージックのサイトによると、「当時エンジニアとしてかかわった大川正義が、オリジナル音源をもとに最新技術を投入してリマスタリングした本邦初の作品となる」となっています。
期待大です。
「オリジナル音源」と明記されています。「最新技術」とは、年々地道に音が良くなっている CD の技術が導入されているという意味でしょう。
出てみないとわかりませんが、今度こそ加藤ファンをうならせる内容であると良いと思います。

私はといえば、現在は、LP を自宅で AD コンバートして、聞いている次第です。オリジナル音源だし、それなりに高音質ですが、やはり LP 特有のノイズからは逃れられず、今回の CD には本当に期待しています
ちなみに本の題名は、「ヨーロッパ3部作」となっています。確かに「ヨーロッパ」を題材にした3部作ですが、「パパ・・・」はバハマ(北米)録音ですので「海外録音3部作」のほうが、良いように思うのですが・・・どんなもんでしょう?これも故人の意向なのかしら?

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **










プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR