fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

2013年:我が家の AV 機器紹介・・専用室シアター編

2013/11/27 23:57 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

久しぶりの我が家の AV 機器の顔ぶれ紹介。

今回は、専用室シアター編です。

自宅新築時、9.5 畳に 100 インチスクリーンでスタートした我が家の専用室ですが、家庭内の力関係の変化により、6 畳間に移転。それに伴い 100 インチは 9.5 畳にオブジェとして残り、80 インチワイドお一人様シアターになっています。

・スクリーン & Fr スピーカー
スクリーンは Kikuchi AMSR-80HDC 。前出の部屋移動の関係で暫定のつもりで買ったのが、結局コチラの方が長期間使うことになりました。
Screen.jpg

Fr スピーカーは 2ch 兼用の PMC FB1(初代)
最新型はこんなに高くなりました。私のは 2 本で 25 万円だった気が・・・。

PMC FB1i (ペア) PMC スピーカー

価格:434,000円
(2013/11/27 08:13時点)
感想(0件)



・センタースピーカー & スーパー・ウーファー & フロントアンプ
センタースピーカーは PMC TB2-SMC。Fr の FB1 と同世代のこのスピーカーを中古でゲットし、Fr 3ch のユニットを揃えることができました。しかし、苦渋の 2ch オーディオラック上設置です。
Audio_SW.jpg
スーパー・ウーファーは、本来 2ch 用の Salogic D.Cube2TX 。AV 用と 2ch 用の入力が別にあるので、同時接続できます。
Fr チャンネルのみ、駆動は 2ch 用の Esoteric I-03

【価格はお問い合わせください】ESOTERIC I-03エソテリック プリメインアンプ

価格:630,000円
(2013/11/27 08:25時点)
感想(0件)


こちらも、AV アンプのプリから信号を入力できるスルー機能で便利に使っています。

・プロジェクター
我が家の旗艦 JVC DLA-X9 です。

とても新品は買えないのですが、運よく中古を破格で購入。今まで見てきた黒は何だったんだというほどの黒の沈み込みは、購入時、衝撃でした。

DLA-X9-B JVC 3D対応ホームシアタープロジェクター ブラック DLAX9B

価格:668,000円
(2013/11/27 08:29時点)
感想(0件)


このプロジェクタは、背面壁センターに置いたヴィジュアル機器ラックの上に載っています。

・サラウンド & サラウンドバックスピーカー
まず、サラウンドスピーカーは、自作 2 way。今は亡き長岡鉄男先生設計のもの「だった」と思います。ウーファーは前後 2 ケ設置ですが、音楽用としてはいささか「敏」過ぎるところもあり、サラウンドに鎮座。齢 20 年選手です。IKEA のラックに乗せて、ハイポジション設置。(ほとんど天井)

サラウンドバックは、おそらく我が家のオーディオ機器の中で最も御長寿さんの Rogers LS3/5A 。こちらは大学時代に、バイト代を叩いて、中古 7 万円。推定 25~30 才。もちろんオリジナルなので、バイワイヤーどころか、へろへろなシングルワイヤー仕様です。それを思い切って、プロジェクタの後ろに、板を張り出して配置。

真のオーディオファンは目を背けたくなるような光景ですが、ちゃんと鳴ってます。
現行(?)は、なんと 65th Anniversary Edition だそうです。

ROGERS LS3/5a (65TH ANNIVERSARY EDITION)(ペア)

価格:134,300円
(2013/11/27 23:41時点)
感想(0件)



・ヴィジュアル・ラックの中身=再生機器
ここからが、更に百鬼夜行。
ラック上から、

*DLNAプレーヤー:Sony PS3
 ほとんど使っていませんが、一度初代を手放して、再度購入という不本意な経緯もあり、怖くて売却できません。
*ハイビジョン LD プレーヤー:Sony HIL-C2EX
 先輩宅でも同型機が存命ですが、我が家のは、電源を入れると同時にフロントカバーを手で開き、テーブルを若干上に上げると動くというかなり危ない状態です。当然、A/B面自動切り替えは動きません。
*DVHS デッキ:Victor(JVCではない) HM-DH30000
 これも手放せませんが、稼働率ほぼゼロ。WOWOW で撮りためたハイビジョン DVHS ソースを「いつか」見るためにキープです。
*ビデオプロセッサ:DVDO iScan Duo
 プロジェクタのキャリブレーション用として購入。現在はリビングシアターにも同じ Duo を使っています=2台持ち状態。

*AV アンプ:Denon AVC-4310
 AV アンプは、数社をさまよいましたが、現在は、Denon に固定。フロントとスーパーウーファーへはプリ出力、他の 5ch は、このアンプで駆動です。
*BD プレーヤー:Oppo BDP-95
 海外通販(Oppoの通販サイト)で購入。画質、動作とも安定感抜群。しかも、私のは DVD リージョンフリー・・・って、BD が US と同じリージョンになった今、US 盤の DVD を無理に見る必要が無くなっているのは事実。
 現行の JP 仕様はコチラですね。

OPPO BDP-105JP(3P-2P電源プラグアダプター付)

新品価格
¥162,500から
(2013/11/27 23:48時点)


*ハイビジョン TV チューナー:Panasonic TU-MHD500
 これも、プロジェクタで TV を見るためにありますが、そもそもプロジェクタで TV を見ないので、ほぼオブジェです。

以上、思い入れもあって、長々と多くの機器を紹介しましたが、現実には、BDP-95 で BD を見るのが多分 95% くらいでしょう。後の再生機器は、実質休眠。こうしてみると、正直ヴィジュアル系は、不良債権多し、という感じですね。

次回は、家族用(?)のリビングシアター機器を紹介します。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **




スポンサーサイト




奥田民生 "O.T. Come Home" は、HDCD じゃなかった・・・

2013/11/27 21:05 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

本日発売の奥田民生の期待の新作 "O.T. Come Home"。



早速再生しましたが・・・残念ながら HDCD ではありませんでした。

O.T. Come Home

新品価格
¥3,058から
(2013/11/27 20:50時点)



O.T. Come Home(初回生産限定盤 )

新品価格
¥5,460から
(2013/11/27 20:50時点)




奥田民生の旧作では、

comp

新品価格
¥1,010から
(2013/11/27 20:52時点)



Fantastic OT9

新品価格
¥2,350から
(2013/11/27 20:53時点)



LION

新品価格
¥1,970から
(2013/11/27 20:53時点)

("Lion"は 6,8 曲目除く)

が、「再生してみたら実は HDCD 」という盤でした。(我が家での確認ですので、上記 CD が必ず HDCD 再生されることを保証するものではありません。)

今回の "O.T. Come Home" も、と期待しましたが、違ったようです。HDCD だから音がいいというわけではないですが、なんとなく得した気分になるのは事実。

やはり、アナログ盤を購入し、それを AD コンバーターで 96kHz/24bits でリッピングして、Linn DS で聞くというのが、正しい「音の変態」のあり方だったのかもしれません。(実は、"OTRL" は、そうやって聴いてます。)

アナログ盤は、1面3~4曲の2枚組!(="OTRL")
周囲は、きっと反対したでしょうに・・・。
男だなぁ~。

O.T. Come Home [Analog]

新品価格
¥3,900から
(2013/11/27 21:02時点)




追伸:私は通常盤を買ったけど、まさか初回限定版だけ HDCD だったり・・・しないよね?

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **





2013 東京モーターショー + オマケ "Ferrari vs Lamborghini"

2013/11/24 17:33 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

久しぶりに東京モーターショーに行ってきました。

人混み嫌いなので、ここのところ(10年以上?)避けていたのですが、プレビューナイトという限定枚数のチケットが出たと聞き、重い腰を上げて出かけました。
通常公開が始まる 23 日(土) の一日前の夜のイベントです。

しかし、限定といいながら、1万枚なので、入場前にはそれなりの人混みはありました。


今回の目的は主にクルマの撮影。最近一眼レフを買ったので、練習、練習です。
カメラの機能に弄ばれながら、撮ってきた写真です。



また最近、YouTube にスライドショーを載せると面白いということに気づきましたので、ちょっと動画を作って投稿してみました。こちらも宜しければご覧ください。
(撮ってきた写真って、著作権大丈夫なんですよね?詳しい方教えてください。)

<国産車編>

<輸入車編>


< S660 Concept 編>


と、ここまでが、本編ですが、ここから番外。
ナイトイベントなので、始まる前に腹ごしらえと思い、WEB 検索をしていると、ヴィーナスフォートで "Ferrari vs Lamborghini" という車両展示イベントをやっているのを発見。よく確認もせずに食事がてら、行ってみたところ、なにやら見たことのないクルマが・・・。

なんと、ランボルギーニ・イオタでした!

さすがに初めて見ました。
綺麗な写真を撮りたかったのですが、嫌がらせのように、照明の色が変わりまくるヴィーナスフォートですので、変な色になってしまった・・・。

東京モーターショーにいかれる際には、ユリカモメ一駅ですので、ぜひ寄られてみてはいかがでしょうか?

コチラのイベントも、動画にまとめましたのでよろしければ、どうぞ。照明のせいで変な色ですが、イオタは、ちょっとクローズアップしています。

<Ferrari vs Lamborghini @ ヴィーナスフォート>


久しぶりの東京モーターショーですが、やはり晴海、幕張の頃と比べると若干寂しい感じでした。また、経済が調子よくなって、盛大にできる日が来るといいですね。その頃に、クルマ好きがまだ生存しているように願うばかりですが。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **







2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト



「カタコトで十分」・・・・じゃないと思う

2013/11/21 23:31 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

「カタトコ英語で十分です by イーデス・ハンソン」(古い?)という本がありましたが、やっぱ、カタコトはダメかな?と思います。

ある週末のこと、最近、英会話の勉強を始めた娘に、「なぁに、外人さんだって、日本語をしゃべったらカタコトだ!」とわけのわからないことを喚きながら、自前のコレクションから、謎の「日本語洋楽」を聴かせてみました。(よく考えると行動的には意味不明ですが・・・。)

YouTube にもあったので、その中からいくつか紹介しましょう。

まずは、ヒューマンリーグの「Kimi Ni Mune Kyun」。全員楽器が出来ない伝説のあったバンドの YMO カバーです。サビだけですので日本語洋楽としては若干ズル。
http://youtu.be/V2cwgE3oVnk?t=10s


クイーンにも日本語曲アリ。こちらもローマ字攻撃の「Teo Toriatte」。
こちらは、結構長く日本語でしゃべってます。まだ比較的、聞き取れるかなぁ。
http://youtu.be/4rFMYH6tWso?t=1m50s


クラフトワークの嫌がらせ日本語曲「Dentaku」も捨てきれません。
http://youtu.be/7J5Gy0KTtVg?t=28s


最後は圧巻のポリスの「De Do Do Do, De Da Da Da」。Sting さん、ほぼ日本語で歌いきっていますが、残念ながら、ほぼ何を言っているのか分かりません・・・。
http://youtu.be/CCbCA5z1Ygs?t=18s


全編聴いて、娘も爆笑でした。

なぜ爆笑してしまうか?

それは、どんなにカッコいい曲で、どんなにカッコいいバンドが演奏していても、「カタコト」というだけで、
ちょーバカっぽく
聴こえるからです。

ということは、こういうことです。
我々が、頑張ってカタコト英語をしゃべっても、相手には、
ちょーバカっぽく
聴こえているっていうこと。

そんなわけで、これからも、今までどおり、限界ぎりぎりまで英語をしゃべらず、日本語で通したいと思う今日この頃です。

ついでに、カタコトネタを、もう一つ。
前の会社でアメリカ人の同僚がいましたが、ちっとも日本語が喋れるようにならなかったのに、ある日突然、日本語を喋りだしました。
が、彼のセリフは、
「え~、うっそ~、まっじ~ぃ?やっだ~。」
と、明らかにオネエ系。
体調を崩して入院した際に、看護婦さんの彼女が出来たことが、その後発覚。
日本語の吸収元が、オネエサンなので、そういうことになった次第。

なるほどね。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **







2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト


Pioneer のアプリユニットと Honda の Internavi Pocket アプリが連携?

2013/11/20 22:20 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

私は、カーナビとして、Pioneer のアプリユニット SPH-DA09 を使っています。

参考までにこちらはその最新版 SPH-DA99。

パイオニア カロッツェリア 7V型ワイドVGA地上デジタルTV/DVD-V/CD/Bluetooth/チューナー・スマートフォンリンクアプリケーションコントロールメインユニット SPH-DA99

新品価格
¥48,657から
(2013/11/20 22:24時点)




アプリユニットというのは、本体にナビ機能を持っておらず、接続したスマホのアプリのナビを、カーナビ同等の 7 インチ画面で表示&操作するという代物。GPS や車速信号は車に取り付けたアプリユニットが担当し、地図データやルート検索はスマホが担当しています。

私としては単品ナビがどんどん新機能を取り入れて、すぐ自分のナビが古くなってしまうのが、「新しい物好き」の神経を逆なでするため、スマホ版なら常に最新だろうと導入した次第です。

ところが、アプリユニットに対応しているナビアプリ(Pioneer では、Linkwith アプリと呼んでいます)は、iPhone では、Pioneer の 「Linkwith ナビ」というアプリのみ。これが正直ちょっと残念なアプリでして・・・。パイオニアさん的には、あまりアプリナビがちゃんと使えるようになると、本業の単体ナビの売り上げに影響するという思惑もあるのか、ちょっとあんまりな感じです。たとえば、渋滞表示の赤やだいだい色の線。これがとても細い。老眼の私には、まったく見えません。折角、渋滞を表示する機能があるのに、それが見えない。そんなのってありでしょうか?私の老眼の責任という説もありますが・・・。

不満はあるものの、常に最新なアプリナビという魅力もあり使い続けていましたが、ついに根負けし、ナビアプリを Honda 車ユーザー用のアプリ Internavi Pocket に変更しました。こちらは、ちゃんと渋滞線も見えます。
internavi.jpg

しかし、致命的なのは、当然ですが、Linkwith アプリではなく、肝心の Pioneer アプリユニットに対応していないこと。Honda 純正ディスプレイオーディオ用ということです。そのため、ナビ画面には上の写真のような画像がでますが、操作は、スマホ側の画面でしかできません。さらには、折角のアプリユニットの GPS & 車速センサーが取り込めず、スマホ側の GPS で動くので、トンネルでは完全停止・・・。首都高の長いトンネルでは全くナビしてくれません。

ところが今朝ほど、いつものように Internavi Pocket を立ち上げると、画面に見慣れないウインドウが。なにやら、Smartphone Connect というアプリを入れろというメッセージのようでした。「新しい物好き」としては、その誘惑に勝てず、すかさずインストール。すると、スマホ側の画面が、
internavi2.jpg
に変化。さらに、アプリユニット側の画面表示が画面いっぱいのフル表示(従来はHDMI接続ビデオとして少し小さく表示されていました。)に。

そして、なんと!Pioneer のアプリユニット画面から、Honda のアプリを操作することが出来るようになったのです。

この喜びを味わっている人が日本中に何人いるのか分かりませんが、まずは大感激です。

ちなみにスマホユニットの GPS/ 車速センサーが取り込めているかは近くにトンネルが無いので未確認。(笑)
また、同時に動かしたいプレーヤーアプリとの相性も悪く、ナビ音声がでると、音楽が切れる等のまだまだ感はありますが、まずは素直に喜んでいます。

心配なのは、この状態が、ちょっとしたバグなのでは?ということ。修正されて今まで通り、パイオニアのアプリユニットにはパイオニアのナビアプリしか使えない状態に戻るのかもしれません。
しかし、このまま使い続けられると、とってもいいのだけど・・・って、ブログで書いちゃいけなかったかしら。

2013.11.21追記
上記組み合わせでは、アプリユニットと iPhone をつなげると、目的地設定が出来なくなることが分かりました。(自宅と、Myスポットと、地点履歴は可)
いったん、スマホを外して、目的地設定してからつなげるか、Myスポットに事前に目的地を登録しておく必要があります。
ご注意を。

2013.11.24追記
首都高のトンネルに突入してみましたが、残念ながら、カーソルは止まってしまいました・・・。アプリユニットの車速センサーは読み込めていないようです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **







2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

我が家の AV 機器紹介・・専用室 2ch オーディオ編

2013/11/15 02:11 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

久しぶりに、我が家のオーディオ機器の顔ぶれを紹介したいと思います。
最近は機器更新していない・・・つもりでしたが、ちょこちょこ変わってました・・・。
まずは、今回は、専用室の 2ch 編です。

・全景
Screen.jpg
部屋の広さは六畳。お一人様サイズです。
スクリーン側に 2ch 機器を配置。

・Fr スピーカー&クリーン電源
2ch_SP.jpg
Frスピーカーは、PMC FB1(初代)。ここは固定です。

【限定セール!】PMC FB1i(2本1組) スピーカー ピーエムシー

価格:424,999円
(2013/11/15 01:41時点)
感想(0件)



クリーン電源は、PS Audio の Power Plant Premere に落ち着きました。
右手に見えているのが、Linn DS の再生コントロール用のタブレット Sony Tablet-S です。コントロールアプリは、Bubble DS。

・2ch アンプ&プレーヤー
2ch Audio Rack
アンプは、えぃっと飛びついた Esoteric I-03。

プリメインアンプ ESOTERIC I-03

価格:630,000円
(2013/11/15 01:51時点)
感想(0件)



プレーヤーは、Linn の非売品 Klimax RenewDS をハード的に強化する改造を行ったものです。
** Linn RenewDS 強化計画**

・2ch アナログ
Analog_20140125173001a7c.jpg
アナログディスクプレーヤーは、DENON DP-500M です。

DENON アナログレコードプレーヤー 木目 DP-500M

新品価格
¥50,800から
(2013/11/15 02:06時点)



カートリッジは、同じく DENON の DL-103 を定番買い。

DENON MC型カートリッジ DL-103

新品価格
¥28,800から
(2013/11/15 02:07時点)



カセットテープデッキ SONY TC-K333ESJ も、ちゃんと動きますよ。

・2ch 周辺機器
Audio_SW.jpg
邪道と言われようがなんだろうが、我が家の 2ch の「地鳴り担当」は、スーパーウーファーの SALOGIC D.Cube2TX。ベースの音階から、ホールのこもり音まで、こなしてくれています。
オーディオラックの上には、ヴィジュアル用のセンタースピーカー PMC TB2SM-C。
さらに最近加わったのは、再生中のジャケット写真と再生情報を表示する TOSHIBA の液晶テレビ 22A2 と Android Box の IPT-AD40TV。22 インチの大画面に映し出されるジャケ写は圧巻です。

ANDOROID KING BOX IPT-AD40TVBOX アンドロイド PC

新品価格
¥9,980から
(2013/11/15 02:17時点)



写真では見えませんが、ウーファーの陰には、音楽データ送り出し用の NAS QNAP TS-119 が隠れています。専用のハブとアイソレーショントランス付の LAN ケーブルで万全です。

以上が専用室の 2ch 機器です。チューニングは、リアル再生方向。煩いくらいのシンバルの響きや、かすれたリップノイズ。ハイスピードで、聴き手に迫ってきます。

次回は、同じく、専用室の Vidual 機器を紹介します。

Philewebのマイルームも更新ししましたので、よろしかったら、こちらもどうぞ。
http://community.phileweb.com/mypage/myroom/263/


takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **







2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト



プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR