fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

DLA-X9 デフォルトモードのグレイスケール/色相計測結果

2013/06/30 17:53 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

 先日導入した JVC の D-ILA プロジェクタ DLA-X9。
 デフォルト画像モードでのグレイスケールと色相を測定してみました。結論から言うと、思いの外、各モードの性格付けがきついようです。趣味の商品ですから、楽しめればいいのですが、えらく作り込んであるなぁと。結果のみレポートしますので、各位にて分析ください。

 測定環境は以下の通りです。

 パターン・ジェネレータ:DVDO iScan Duo
 メーター:SpectraCal C6
 ソフトウエア:SpectraCal CalMAN 5.2.0.1272(Beta)
 スクリーン:キクチ AMSR-80HDC
 プロジェクタ設定:すべてデフォルト(各モードでリセット実施)、スクリーン補正33(キクチグレイマットアドバンス)

 なお、我が家の DLA-X9 はランプ使用時間約 940 時間です。中古で購入したものですので、前ユーザーが使用中にリセットしていたら・・・不明ですが。

 まずは、グレイスケールです。Film、Cinema、THX の各モードを測定しています。

*Film モード


*Cinema モード


*THX モード


 特に Film モードの作り込みが激しいですね。

70% 輝度点での色温度は、
 Film:7151K
 Cinema:8467K
 THX:7866K
と、全体に高めです。

100% 輝度点での光量は、
 Film:22.107cd/m2
 Cinema:23.032cd/m2
 THX:22.064cd/m2

 参考までにキャリブレーション後のグレイスケールは、以下の通り。(iScan Duo 側で補正。プロジェクタ側は、THX デフォルト。)


 当然フラットですが、色温度の合わせ込みのため、青と緑が大幅にカットされ、結果 100% 輝度点での光量は、
 17.745cd/m2
と、大幅に落下してしまいました・・・。

 続いて、色相。

*Film モード


*Cinema モード


*THX モード


 さすが THX が比較的忠実な色表現です。ここでも、Film に強い味付けが見られます。

 キャリブレーション後の色相。


 ということで我が家では、THX モードをベースに iScan Duo 側でキャリブレーションし、作り手に忠実に見たい時は、THX モードで、映画を楽しみたいとき(もしくは、JVC さんのセッティングをリスペクトしたいとき)は、Film で鑑賞したいと思います。

 ちなみに、THX モードをフラットにしたうえで、Film モードにするとこんな計測結果です。



 前出のキャリブレーションによる絶対光量の減少は、楽しく鑑賞するためには、ちょっと痛いところです。ランプ交換していい方向に行くといいのですが、貧乏性なのでランプ寿命を使いきってしまうと思います・・・。でも、やっぱり交換かなぁ。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト



スポンサーサイト




DLA-X9 導入 ~ LVP-HC9000D との画質比較

2013/06/23 22:20 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

 発作的に購入(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-142.html)した JVC のプロジェクタ DLA-X9 が、もう届きました。



DLA-X9-B JVC 3D対応ホームシアタープロジェクター ブラック DLAX9B

価格:668,000円
(2013/6/23 21:32時点)
感想(0件)




 まずは、ファーストインプレションです。
 購入したのは、中古です。手の届かない存在と思っていましたが、思いのほか安く手に入ってしまいました。

 「X」エンブレムが誇らしげです。私のは限定番号無しなので、101台め以降の製品ということになりますね。



 ラックに乗せて記念撮影。外観キズはほとんどなく綺麗な商品でした。



 フロントのレンズカバーは電源連動の電動カバーです。



 ファンの音は比較的静かです。前面のダクトは排気で、熱い風が前に出ます。
 


 接続端子は、背面に配置。HDMI 2系統と、RCA コンポーネント、そして、PC です。S 端子やコンポジットはありません。



 使用時間は、920 時間とほどほどでした。



 箱は DLA-X30 のに入って送られてきました。緩衝材もぴったりなので、有難いです。



 今回のレポートは、画質の第一印象で、締めくくります。
 比較対象は、三菱の SXRD フルハイビジョン・プロジェクター LVP-HC9000D。

【送料無料】3D対応フルハイビジョン ホームシアタープロジェクター (ミッドナイトブラック) LVP-HC9000D:MITSUBISHI[3]

価格:872,217円
(2013/6/23 21:49時点)
感想(0件)




 送り出しソース再生機は、Oppo BDP-95。ビデオプロセッサ DVDO iScan Duo を介して、CalMAN でキャリブレーションした後の比較です。
 再生モードは、THX。スクリーン補正も、私の KIKUCHI グレイマットに合わせました。

 まず、強い印象を持ったのは、暗部の沈み込み。完全に X9 の勝ちです。本当に暗い!HC9000D は、暗部が浮いていると同時に少し不安定な画像であったので、大きな差となりました。(HC9000D もオートアイリスは使っていません。)
 そしてその暗部の色や階調。HC9000D ではふらふらした挙動で、CalMAN によるキャリブレーションも不安定でしたが、X9 ではピタッと決まります。

 一方で明るい場面では、HC9000D も善戦。映画らしい艶は、HC9000D の方が好ましいと感じる方も多いでしょう。X9 は、多分「正しい」んでしょうが、単調な印象です。もうちょっと遊んでもいいように思います。

 通して映画をみると、HC9000D の明部の映画らしさより、X9 の暗部の美しさの方が、全般にはいい印象を得ました。
 明部に関しては、今回 THX モードにしたため、このような印象になったのかもしれません。また、シネマモードでも試してみましょう。

 最後に両プロジェクタの画面を撮影しましたので、掲載しておきます。上の印象を映しこめているといいのですが・・・。なお、X9 の方が全体に光量が少ないので、感度を上げて撮影しています。

上が三菱 LVP-HC9000D
下が JVC DLA-X9

HC9000D

DLA-X9


HC9000D

DLA-X9


HC9000D

DLA-X9


HC9000D

DLA-X9


HC9000D

DLA-X9


HC9000D

DLA-X9


 期待を背負って我が家にやってきた DLA-X9。ぽっと置いただけで、まずはここまでの映像を見せました。
 今後はセットアップに励みます。また、CalMAN によるプロジェクタ本体のキャリブレーションにも挑戦したいです。
 また、使い込んだところで、レポートしたいと思います。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト






さようなら、LVP-HC9000D

2013/06/23 09:46 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(2) [Edit]

 愛用のホームシアタープロジェクター 三菱 LVP-HC9000D とお別れすることになりました。

LVP-HC9000D_01.jpg

MITSUBISHI 3D対応ホームシアター用プロジェクター SXRD方式 フルHD対応1920×1080 黒 LVP-HC9000D

新品価格
¥583,175から
(2013/6/23 09:22時点)



 通院のため、早めに帰宅した金曜日。処方された精神安定剤を飲んで、アバックの広告を見ていました。
 在庫品の JVC DLA-X7 を発見。

VictorビクターD-ILAホームシアタープロジェクターDLA-X7

新品価格
¥705,249から
(2013/6/23 09:19時点)



 限定台数のようなので、もう売り切れだろうなぁと思いながらも、電話してみるかと時間を見るとすでに受付時間を過ぎていました。
 じゃぁ、WEB の情報を見るかと、アバックの中古 WEB を見たところ、なんと破格の DLA-X9 を見つけてしまいました。

DLA-X9-B JVC 3D対応ホームシアタープロジェクター ブラック DLAX9B

価格:668,000円
(2013/6/23 09:25時点)
感想(0件)



 展示品が40万円代なのに、なぜか900時間強の使用時間で、20万円代・・・。早速、家計簿とにらめっこすること数分。結局は、精神安定剤の後押しもあり、ポチッと・・・。クスリ・・恐るべし。
 (経験的に、クスリ飲んでいる人って、無駄遣いが多い気がする。副作用の欄にかいてほしいものだ。)

 そんな訳で、LVP-HC9000D とはお別れです。
 振り返ってみると、我が家では、Sャープ、Sンヨーの S 社プロジェクタを持っていた時期もあるものの、三菱が最も長く居座っています。LVP-L2000, LVP-HC6000 そしてこの LVP-HC9000D。三菱プロジェクタは、スペックではなく、映像で魅せてくれます。こってりした色のりが魅力的。そんな印象は、買い換えても継続し、本当に後悔しない買い物でした。

 LVP-HC9000D は、デバイス的にもソニーの反射型デバイス SXRD を採用し、ハードも他社並みに。
 そして、この美しさ。

LVP-HC9000D_20.jpg

 とはいえ、購入の際に常に頭にあったのは、JVC の D-ILA プロジェクタです。シュートアウト会場に行っても常にダントツは JVC。
 LVP-HC9000D を以前にレビューした際のお題目は「ついに三菱も J 社と戦えるレベルに」でした。それまでは同じ土俵にも登れなかったってことです。

 愛機 LVP-HC9000D ですが、ヤフオクで次のオーナーを探すことにしました。

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b146658080

 今のちょっとした不安は、DLA-X9 が来ても、驚くほどの差(投資を回収できるような)がないのでは?っていうことです。よく働いてくれました。ありがとう。

LVP-HC9000D_18.jpg

 ちなみに、このプロジェクタで最期に見た映画は、「レ・ミゼラブル」。
 泣いてしまいました。
 これもクスリのせいでしょうか?弱ってますね。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト




Twonky Server 7 でのアルバムアート高解像度表示

2013/06/09 12:29 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(3) [Edit]

 我が家では、NAS の TwonkyServer のバージョンを 7 にアップグレードして以来、アルバムアートが低解像度で表示される現象が消えませんでした。



 音には影響なしとはいえ、なんとなく悲しい感じです。

 いろいろウエブ上で情報を探した結果、TwonkyServer 側の設定での対策がやっと見つかりましたので、報告します。

 我が家の環境は以下の通り。

  NAS:QNAP TS-119
  NAS ファームウエア:4.0.1
  TwonkyServer バージョン:7.0.13

 低解像度化の原因は、TwonkyServer がメディアレシーバーに合わせて、アルバムアートを低解像度化する機能があるためのようです。その標準設定が、160x160 になったため、悲しいアルバムアートになったわけです。

 対策手法は簡単な方法と少し面倒な方法の二通りあります。それぞれ紹介します。


<簡単な方法>

・TwonkyServer の設定画面を開く。
・「設定」→「共有」→「メディアレシーバー」を開く。



・低解像度のアルバムアートが表示されているデバイスを見ると、多分 "Generic Media Receiver" か "Windows Media Player" あたりになっていると思います。これらのメディアレシーバーが自動的に選択されると、低解像度デバイスと判定され 160x160 になってしまいます。



・高解像度化したいデバイスのところのプルダウンメニューを開き、"Linn Kinsky Desktop Control Point"等の高解像度対応のメディアレシーバーを選択し、「変更を保存」します。



・サーバーを再起動します。

 以上で、高解像度のアルバムアートが表示されるようになるはずです。
 ただし、何回か再起動しないと反映されないこともあるようですでの、低解像度のままの場合は、再度再起動してみてください。


<少し面倒な方法>

 上記の<簡単な方法>では、なんらかの理由でメディアレシーバーのリストがリセットされた場合や、新たなデバイスを接続した場合、再度、設定をやり直す必要があります。自動的に "Generic Media Receiver" 等に戻ってしまうためです。

 そこで、その "Generic Media Receiver" や "Windows Media Player" 自身の設定を変えてしまうという手があります。NAS のシステム領域を変更しなければなりませんので、ハードルは高いですが、一度やってしまえば、メディアレシーバーの再設定は不要です。

 以下の手順で、メディアレシーバーの設定の xml ファイルを書き換えます。

・NAS の設定画面で、「ネットワークサービス」→「Telnet/SSH」から、SSH 接続と SFTP を有効にします。



・WinSCP 等の SFTP 対応クライアントソフトで、NAS 上の xml ファイルを探します。我が家の場合は、

  ./HDA_DATA/.qpkg/TwonkyMedia/resources/devicedb/

にありました。

・変更したいメディアレシーバーの xml ファイルを開きます。
 私の環境で変更した xml ファイルは以下のとおり
   Generic_Media_Receiver.xml
   Android.xml
   Windows_7.xml
   Windows_Media_player.xml
   Windows_Vista.xml
 の5つです。



・以下の赤枠内を DeviceId の後に追加します。



・標準で選択される xml ファイルを書き換えていきます。我が家の場合は、"Generic_Media_Receiver.xml" と "Windows_Media_Player.xml" の二つでした。

・サーバーを再起動させて完成です。


 以上の手順で、アルバムアートは・・・



 完璧です。やっと、まともなジャケット写真を拝むことができました。

 なお、TwonkyServer6 でも<簡単な方法>の方は有効だと思います。<少し面倒な方法>のほうは、TwonkyServer7 のみです。

 皆様の環境でも、効果があれば幸いです!

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト





6NSP-6600S で、ジャンパー線、作ってみました

2013/06/08 08:35 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

 先日の大惨事(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-139.html)の際に、実はもう一つ失敗を。泥をかぶったスピーカーターミナルを慌てて外した際に、ジャンパー線を一本紛失したのです。

 我が家のジャンパー線は、アクロテックの 6N のスピーカーケーブルから切り出したもの。(だったはず。)端末処理せずに、直接、ターミナルに締めこんでおりました。長さは、約 10cm 。

ジャンパ線_01

 これを機会にジャンパー線を新調することにしました。狙いは・・・

AET バイワイヤー・ジャンパー線144mm(Yラグ⇔Yラグ仕様・4本1組) SIN-JUMPER-EVD-Y

新品価格
¥70,560から
(2013/6/7 20:51時点)



 しかし、諸般の事情で、財政難のため無理。
 そこで、ごそごそとジャンパー線の自作をすることにしました。折角なので、今度は、Y ラグで端末処理もしてみます。

 まずは、ベースとなるケーブルの選定。手頃で高品質なケーブルということで、Zonotone から選びます。ヨドバシカメラ宇都宮の在庫を確認し、6NSP-6600S MEISTER に決定。

ジャンパ線_02

Zonotone(ゾノトーン) 6NSP-6600S Meister(1m) スピーカーケーブル(1m単位で切り売り可能です) ゾノトーン 6NSP6600SMEISTER

新品価格
¥6,600から
(2013/6/7 21:01時点)




 Y ラグは、ヨドバシ店頭で選びましょうと、軽い気持ちで出かけて、少しハマりました。必要な Y ラグの数は、ステレオなので当然 8 ケ。ヨドバシ宇都宮さん、色々な Y ラグを揃えてらっしゃったのはいいのですが、なんとどれも在庫が 1 セットずつ。セットあたり 4 ケが最大数で、同じラグを 8 つ買うことができませんでした・・・。やはり、最低 8 ケは在庫されたほうがいいのでは? 2 ケセットの高級 Y ラグを 1 セットだけ購入する人が居るでしょうか・・・?

 仕方がありませんので、4 ケずつ別の Y ラグを購入し、信号の上流/下流で使い分けることにしました。まぁ、おかげで、ケーブルの方向性を見分けることができるという恩恵はあり。

ジャンパ線_03

 上流側は aet の UFP-HG。

AET 4個1組(金メッキ仕様) UFP-HG

新品価格
¥4,030から
(2013/6/7 21:13時点)



 下流側がフルテックの FP203(G)。

FURUTECH (フルテック) オーディオ・グレード Yラグ端子 FP-203(G) 24K金メッキ (4本1組)

新品価格
¥2,532から
(2013/6/7 21:14時点)




 どちらのラグも、スピーカー PMC FB-1 のターミナルにピッタリサイズでした。ちょっと押し込むくらいのきつさで、いい感じです。

 6NSP-6600S Meister は、3.1 スケア導体 x 4 本のバイワイヤ構造。高音/低音の指定はなく、太さも同じですので、まず同じ線が 4 本でしょう。導体間には、いつものとおり謎のタコ糸あり。

ジャンパ線_04

 外してしまった被覆は、アルミ箔のシールド付。方向性指示ありです。

ジャンパ線_05

 方向性を間違えないように、各線を切り出す前に、上流側の端末処理をしてしまいましょう。10mm くらい皮むきすれば十分。

ジャンパ線_06

 今回、端末カシメの前に、端末に接点クリーナーを塗ってみました。アコースティック・リヴァイブの最近発売された「導通向上クリーナー」です。

ジャンパ線_07

アコースティックリバイブ 導通向上クリーナー(100ml)ACOUSTICREVIVE ECI100

新品価格
¥11,499から
(2013/6/7 21:30時点)




 いざ Y ラグのカシメですが、オーディオ用のカシメ端子の常で、異常に肉厚が分厚いので、強力なカシメ工具が必要です。私のおすすめはコチラ。

HOZAN 圧着工具(裸圧着端子・裸圧着スリーブ用)

新品価格
¥4,640から
(2013/6/8 08:12時点)




 今回の端子の場合、8 スケア端子用のところでカシメます。

ジャンパ線_08

 熱収縮チューブは上流/下流の目印のためだけですので、少し短くして装着。上流が赤にしました。

 完成したジャンパーケーブルです。

ジャンパ線_09

 スピーカーターミナルに取り付けた状態です。

ジャンパ線_10

 スピーカーケーブルをたすき掛け(+は高音ターミナルに、-は低音ターミナルに繋ぐ)接続するため、ジャンパーもそれに上流/下流を合わせました。

 スピーカーケーブルを繋ぎこんで完成です。ターミナルに直接ケーブルを咬ませていた時にくらべ、見た目にはいい感じです。

ジャンパ線_11

 さぁ、試聴ですが・・・こういったものの常で、エージングにとっても時間がかかります。それを計算に入れても、少しフォーカスが緩い感じ・・・。音の綺麗さは出ました。
 印象としては思ったより音に影響があるということです。ジャンパーの長さは 10cm 程度なのに。スピーカーに近いところに継ぎ足すということは、結構キクのでしょうか?それなら思い切ってもっと高いケーブルにすれば良かったか?でも aet の完成品が買えるほどお金をかけたら本末転倒だし。
 もう少しエージング待ちですね。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト





早朝の惨劇とスピーカー再セッティング

2013/06/06 07:16 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

 ある朝のことです。

 出社前のあわただしい時間に、なぜかオーディオ・ルームの壁に観葉植物の鉢をかけてみました。

早朝の惨劇_01

 オーディオルームになんとなく緑が欲しくなったためです。ちょっと心も和むし、音も良くなったりして・・・。
 リビングのポトスが無制限に伸びていたので、それを移植すべしと、壁掛けの鉢はホームセンターで購入済。

 フックにかけた鉢は、なんとなく不安定。でも、ちょっとその光景に満足し、オーディオルームを出る。

 「地震で落ちたらいやだなぁ・・・」

 と心の中で呟きながら玄関に向かうと、背後から・・・

 『ドシャッ』

 と非情な音が・・・。

 地震以前に、鉢の重心が悪く、自重で落下したのでした・・・。

 鉢の位置は、我が家のメインスピーカー PMC FB-1 の左 ch の後方。たっぷり含ませた水が災いし、鉢の中の土は泥水となって、スピーカーターミナル部に命中。自慢のスピーカーケーブル Zonotone 7NSP-Grandio10 は、泥の中・・・。飛び散った泥は、スピーカーの右に鎮座していた PS-Audio Power Plant Premere にも降りかかり、電源ケーブル類も泥まみれ。

【中古】 スピーカーシステム PMC FB-1AW (税込)

価格:174,000円
(2013/6/6 07:24時点)
感想(0件)



【価格はお問合せください】Zonotone 7NSP-Grandio10ゾノトーンスピーカーケーブル

価格:135,450円
(2013/6/8 08:10時点)
感想(0件)



 「泥」と「オーディオ」。最も近づくべきではない二者が一体化している惨劇です。

 悲壮な声で、妻に Help コール。(妻に心から助けを乞うたのは何年ぶりでしょう?)
 左スピーカー、クリーン電源、スピーカーベースを撤去。大量のぼろ布で、泥水を少しずつふき取り。小一時間、絶望的な作業が続きました。
 なんとか泥水の姿が見えなくなったころには、完全に心は折れていました。

 妻に感謝をし、さてセッティングは後日ということで、機材撤去状態のまま、(やっと)出社しようとして床を見て・・・「シール・・・なくなってる」。

 心配性(ノイローゼ?)な私は、スピーカーの位置が万一ずれても、もとの位置に戻せるよう床にシールを貼って目印にしていたのです。

早朝の惨劇_02

 それが、床掃除の際に剥がれてしまったようです。

 ここからが本題。スピーカーセッティングについてです。

 数日たった週末。やっとスピーカーを並べて音出しです。シールは無いので目で見て、右 ch に合わせ、えいやっとスピーカーを置いて、さぁと聴くと、なんと音が「もやもや」「へにゃへにゃ」に・・・。あまりのひどさに声もでません。

 我が家では大阪の逸品館さんの影響で、スピーカーの向きと距離を二等辺三角形にピシッと合わせてあったのです。見た目にはほとんど前と同じ場所に置いたはずなので、こんなに変わるなんて・・・。

 気を取り直して、スピーカーセッティングをやり直すことに。ごそごそとセッティンググッズを取り出します。
 二等辺三角形セッティングのためのグッズとしては、逸品館さんのレーザーセッター(http://www.mmjp.or.jp/ippinkan/newpage140.htm)が便利です。こちらのご購入をお勧めします。
 我が家では、そのレーザーセッターを購入する前に、ちょっと手持ちの部品で試してみるかと自作したセッティンググッズを結局長年使っています。(逸品館さんスミマセン。)

早朝の惨劇_03

 この不細工なキットを取り付けた三脚を試聴位置のちょっと前に置きます。この三脚の回転軸が二等辺三角形の頂点になります。

 スピーカーのフロントバッフルに小さな鏡を取り付け、先ほどのレーザーをその中心に照射します。

早朝の惨劇_04

 反射光がキットのプラバンに帰ってくれば、スピーカーは、正確に三脚の回転軸(=二等辺三角形の頂点)に正対していることになります。

早朝の惨劇_05

 プラバンの中心あたりから出ている針金を伸ばして、スピーカーまでの距離を正確にに測ります。私の目標はプラスマイナス 5mm 以内設置ですので、糸では難しく、針金を使用しています。

 この作業を、右 ch と左 ch で三脚を回転させながら、合わせ込むと、二等辺三角形設置完成です。

 今回の例では、左 ch のずれは、距離で約 15mm 、角度で 5°くらいでした。

 それでは聴いてみます。

 フォーカスが一気に合いました。崩れ落ちていた音の「角」が、きっちり、とんがってくれました。たった 15mm でこの差・・・。二等辺三角形配置恐るべしです。

 ちなみに、二等辺三角形配置がてきめんに効くのは、私のスピーカーがモニタースピーカーの味を残した PMC FB-1 だからかもしれません。さらには、普通の配置で聞いてらっしゃる方が、突然二等辺三角形配置にすると経験的に音がキツクなります。アクセサリー等で、二等辺三角形配置での、音作りをしてやる必要ありです。

 危ない橋ではありますが、セッティングがうまくいくと効果抜群の二等辺三角形配置。価値ありと再確認しました。というか、私は、二等辺三角形ありきで、セッティングしているんで、戻れないだけなんですが・・・。

 なお、一枚目と二枚目の写真は、再セッティング後の写真です。壁掛け観葉鉢は、100 均フックでしっかり付け直しました。また落ちたら・・・多分立ち直れません。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト








プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR