fc2ブログ

オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

ものすごい本がでます!「タイ国鉄4000キロの旅」

2012/12/27 00:01 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

 ここまで生きてきて、鉄道ファンの道には一度も踏み込まなかった私ですが、そんな私も(そんな私だから?)心底びっくりの新刊がもうすぐ出ます。

 渡邉乙弘さんの最新刊「タイ国鉄4000キロの旅~車窓風景完全記録~」です。

タイ国鉄_1

 本日、発売前ですが、入手できましたので、紹介したいと思います。

タイ国鉄4000キロの旅 ~車窓風景完全記録~

新品価格
¥2,625から
(2012/12/26 23:41時点)



 渡邉さんの前作、前々作は、ともに真岡鉄道のSLの写真集でした。

芳賀路の汽笛―C1266 (Bee books)

新品価格
¥1,260から
(2012/12/26 23:43時点)



芳賀路の汽笛―渡邉乙弘写真集 (2) (Bee books)

新品価格
¥1,260から
(2012/12/26 23:44時点)



 なので、今回も写真集と思ったら、全く違いました。なんと、タイ国鉄の4000キロ全線を「完乗」した記録が文章で綴られています!その壮大な「旅行」の紀行本なんです。

 帯に曰く、
 
 微笑みの国、タイで見た
 「昭和の鉄道風景」
 数え切れないアクシデントや灼熱の暑さにも負けず、
 南国特有の風景や地元の人々との交流に癒されな
 がら、4000キロの旅を制覇した完全記録。「鉄ちゃん」
 はもちろん、タイを愛するすべての方必読の一冊です。

 とのこと・・・。
 さらには、

 国鉄(当時)を最年少で完全乗車した記録を持つ著者が、今度はタイの国鉄に挑戦!

 だそうです。

 厚さ、なんと4cm級。
タイ国鉄_2

 そして、中身は・・・
タイ国鉄_3
 字がいっぱいです。

 その勢いで、
タイ国鉄_4
 691ページもあります!

 文章のみならず、綿密なデーターも載っています。
タイ国鉄_5
 「ディーゼル機関車諸元」・・・って、どうやって調べたんでしょう?

 4000キロの旅が、事細かに綴られています。日付、時間、風景、列車の仕様・・・ものすごい情報量です。

 著者ご本人からお話を聞きましたが、さすがに文章を書きながらでは、風景もなにも見られません。なので、デジカメで無数の写真を撮り、それを元に文章を起こしたそうです。場合によっては、情報の精度を上げるために同じ路線に何度も乗ったそうです・・・。その執念たるや、恐ろしいほど。

 Amazonによると2013年1月1日発売だそうです。渡邉さんのタイでの全記録。お早目の購入をお勧めします!

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **




2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト




スポンサーサイト




DVDO iScan Duo が来た・・・・

2012/12/25 23:38 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

 今日、家に帰ったら、玄関に見慣れない大きめの箱が・・・。なんじゃこりゃ?明らかに海外からの荷物に、若干の身に覚えが・・・。
 つい一昨日のブログで、「少し減速しないとお財布が・・・」(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-119.html)と、お金を使いすぎた反省をしたのに、また新しいグッズが届いてしまいました。
 DVDO のビデオプロセッサー、"iScan Duo"です。

iscanduo_1.jpg

 一応、順序立てて、言い訳を・・・。

・12/7 phile-web のコミュにて、"iScan Duo が気になる"と書き込み。
 (http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/20121205/34230/
・12/15 "Imaging Science Foundation (ISF)" なる会社から DM 。なんか良くわからないが、定価 $1299 の "iScan Duo" を $699 にディスカウントとの内容。

iscanduo_2.jpg

・だいたいその ISF のメンバーになった記憶が全くない。しかし、騙されたにしても、このタイミングの良さと、その安さは捨てがたい・・・・。そこで、ついポチッと・・・。
・で、自動メールでオーダー完了通知は来たが、その後、音沙汰なし。しかも元のメールをよく見ると、「 ISF の会員であることを確認したら発送します」と書いてありました。やってしまったか?たぶん、やってしまったんですね・・・。
・あわててカードの履歴をみると、しっかり送料込みの金額がオーダー日に落ちていました。さあ、これをどう取り返すか?
・先方からのメールは、自動メール以降一切無し。まずは、しらばっくれて「オーダーした品物の状況はどうなっている」とメールを出してみる。これもお返事なし。
・まぁ、来年じっくり Refund の交渉をするか・・とあきらめ。
・で、今日、なんの前触れもなく、玄関に"ブツ"がありました・・・。

 幸運なのか、それともこの後、落とし穴が待ち受けているのか・・・。海外通販の醍醐味ですかね。
 しかし、今年は、お金使いすぎです・・・・。来年は、自重を宣言します。これをもって反省の弁とさせていただきます。

 なお、年末は実家に帰るので、セッティングは、来年かと思います。セッティング出来次第、また、レポートします・・・。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト








マイルームの写真を更新してみました!

2012/12/23 22:16 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

audioroom.jpg

 今年は、アンプが、PS Audio の GCC-500(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-14.html)から、Esoteric I-03(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-46.html)に。デジタルプレーヤーが、Linn Akurate DS(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-67.html)から、Linn Klimax RenewDS(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-81.html)にと、激変の一年でした。
 さらには、Klimax RenewDS には、自力の改造(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-85.html)~改造パーツの販売(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-93.html)まで行って、個人的には、かなりオーディオ熱の盛り上がりがありました。

 年の最後に、オーディオルームの写真を撮り直して、Phile-web コミュニティのマイルームの写真を更新してみました。

 来年はどんな年になるかは分かりませんが、少し減速しないとお財布が・・・とはいえ、日本の内需拡大にまた貢献してしまいそうです・・・。

**マイルームはコチラ**(http://community.phileweb.com/mypage/myroom/263/)

今年の初めのマイルーム写真
2ch_system_old.jpg
最新のマイルーム
2ch_system.jpg

アンプとデジタルプレーヤー
renewds.jpg

アナログ系
analog.jpg

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト








スリーデイズ(原題:THE NEXT THREE DAYS)& ハングリー・ラビット(原題:SEEKING JUSTICE)

2012/12/23 18:43 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

3days.jpg
2010 年 134 分 Rate: R

hugryrabbit.jpg
2011 年 106 分 Rate: R

 ラッセル・クロウ主演のスリーデイズと、ニコラス・ケイジ主演のハングリー・ラビットのサスペンス2本を紹介したいと思います。
 ラッセル・クロウとニコラス・ケイジというとっても似た「ポジション」の俳優さんの主演という以外にも、共通点多数な両作。両方ともサスペンスとして上々でした。

 まずは、スリーデイズ。
 幸せな家庭を築いている大学教師のジョン。ところがある日、妻ララが突然第一級殺人の罪で逮捕されます。証拠はララに不利なものばかり。刑務所への面会と控訴を繰り返し時間は過ぎていきます。
 更なる控訴も難しくなり、妻を救う道は脱獄させるしかない。決心したジョンは周到に準備を進めます。が、そこに妻が長刑期の刑務所に三日後に移送されるとの報が。三日間で、妻を救い出すことが出来るのか?ジョンは慣れない犯罪に手を染めながら猛進します。

 次は、ハングリー・ラビット。
 妻ローラとの二人の幸せな生活を送っている高校教師のウィル。その幸せを、通り魔が奪います。暴行され、心も体も傷ついたローラ。傷心のまま病院の待合室で途方に暮れるウィルに、謎の男サイモンが声を掛けます。「犯人に仕返しをしたくないか?」サイモンは闇の自警団の一員でした。
 犯人が殺害されたことを知ったウィルは動揺します。そこへサイモンからの指示が。性犯罪者を自殺に見せかけて殺せと。迷いながらも現地に向かったサイモンは相手と揉みあいになり、事故で相手は死んでしまいます。
 ところが死んだのは犯罪者ではなく記者。自警団の秘密を知ったため口封じとして、殺害リストに載ったのでした。容疑者として警察に追われるウィル。自警団を守るために暴走しているサイモンも、執拗にウィルを追います。ウィルは無実を証明できるのか?

 両方とも最後まで展開が読めないドキドキするサスペンスです。それでいて、日本に暮らす我々には信じられない現実も見え隠れします。

 面白いほどの共通点は・・・、
 ・両方とも主人公は学校の先生。
 ・舞台はロスとかニューヨークといった大都会ではなく、ピッツバーグとニューオーリンズ。
 ・犯罪に手を染めることが無かった主人公が、徐々に警察からの逃走や違法行為を不器用ながら行っていく。
 ・日常を踏み外すきっかけは、妻への深い愛情。

 両方ともハッピーエンディングなんですが、ちっともハッピーになれません。そこには、アメリカの暗部が映しこまれているからです。
 まずは、結局自分の事は自分で守るしかないという悲しい事実。法律、そして警察も助けになりません。主人公は必死にもがきますが、もがけばもがくほど、自分以外が当てにならないことが浮かび上がります。
 そして、普通の人が、簡単に人を殺せるということ。ごく普通の生活を送っていた人が、拳銃の助けがあるとはいえ、人を殺せるものでしょうか?
 フィクションではあるものの、妙に現実的な設定が、逆に不安を煽り、両作とも、重苦しい感じで見終わった次第です。そこまで共通じゃなくてもいいのに・・・。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト




スリーデイズ [Blu-ray]

新品価格
¥2,862から
(2012/12/23 18:40時点)



スリーデイズ [DVD]

新品価格
¥2,120から
(2012/12/23 18:40時点)



ハングリー・ラビット [Blu-ray]

新品価格
¥3,510から
(2012/12/23 18:41時点)



ハングリー・ラビット [DVD]

新品価格
¥2,858から
(2012/12/23 18:41時点)







SONY BDレコーダー BDZ-ET1000

2012/12/15 20:55 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(1) [Edit]

「一番じゃなきゃダメですか?」

 某女史のこの発言は、日本中の技術者を震撼させました。我々技術者のモチベーションの原点を正面から否定されるという異常な事態に、どんな顔で対峙していいのやら。「一番になりたい」という「気持ち」で技術立国日本を支えてきた我々をなんだと思っているのでしょう?

 話がいきなりぶっ飛びました。単に「一番」というキーワードで思い出した次第。
 というのも、こと「ビデオ再生機器」に関しては、そのメーカーの「一番」=「トップモデル」を購入するというのを、家訓(大げさか?)として参りました。
 アナログビデオの時代は、とにかくハードにどれだけお金がかかっているかで、画質への影響多大でした。もちろん中堅機も過去には何度も購入してきましたが、購入後にトップモデルの「絵」とのあまりの差を知ってしまい、買い換える羽目になった経験からの学習です。
 ちなみに「オーディオ」の分野で、同じ「一番買い」をしようとすると、とても一般庶民では、やりくりできません。自動車どころか家まで買える「異常な世界」が待っているからです。
 ビデオ再生機器であれば、なんとか頑張れば手が届くのが、「ビデオは一番いいのを買っとこう・・・」習慣をつくるきっかけであることも確か。技術者入魂の「一番」モデルを20万円台で買えるなら、頑張る価値もあると思っていました。

 MUSE-LD/LDプレーヤー SONY HIL-C2EX
 DVHSデッキ VICTOR HM-DH30000
 DVDレコーダー SONY RDZ-D97A
 BDレコーダー SONY BDZ-EX200

が、まだ我が家では生き残って、高画質を見せつけています。

 上の2台の時には、ここ一番の映画鑑賞が活躍の場でしたが、次第に変化が訪れます。下の2台、DVD/BDレコーダーの時代となり、ここ一番ではなく、「テレビを気軽にタイムシフトして観る」のがメインの使い勝手になってきました。我が家でも「画質」より「便利さ」へのデマンドが少しずつ勝ってきたわけです。

 そこで、今回、BDZ-EX200 (以下、EX200)を最新の BD レコーダーに買い換えることにしました。というのも、EX200、圧倒的な高画質は見せるものの、使い勝手の点ではいまいち、というか時に許せないくらい不便。
 ポイントは、マルチタスク機能の未発達。なにかをしようとすると「 xx 中なので出来ません」的なお断り連発です。

 例1>BD ソフトの映画を見ていたら、途中で「予約録画が始まる」と宣言し、勝手に再生を停めてしまう。映画再生を途中で停めるなんて、言語道断。実質「BD プレーヤーとして使えない」といっても過言ではない。

 例2>録画済みの番組を編集~BDにダビングしようとすると、ファンクション選択できない。これも録画中はできない仕組み。ダビングのたびに、録画のない深夜まで待つなんて、勘弁。

 買い換えのメーカーは、使い慣れた「おまかせ録画」機能をとって、SONY の一択。さっと WEB を見ると、上のようなマルチタスクの罠からは、最新モデルは脱している模様。
 で、「一番」を見ると BDZ-EX3000 (ソニーストア価格 299,800円!)ということになりますが、ここで一考。あくまで BD レコーダーは、リビングで楽しむ物。安いのでもいいかも。本当のことをいうと、この不況のなか、安いのじゃないと買えない・・・。
 日曜夜の我が家の録画ラッシュからいうと、3番組録画は欲しい。ということで、BDZ-ET2000 に行こうと思いました。が、ここでさらに一考。どうも、最新の BD レコーダーは、外付け USB-HDD が繋がるらしい。で、ET2000 と、その下の BDZ-ET1000(以下 ET1000) の差は、HDD 容量のみ。では、ET1000 を買って、差額+αで HDD を買ったほうがお得では?

 以上の流れで、購入した新 BD レコーダーは、

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 1TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ET1000

新品価格
¥67,800から
(2012/12/15 17:10時点)



です。外付け HDD は、3TB の

SONY TV録画用 据え置き型外付けHDD(3TB)ブラック 【3TB外付けHDD対応機器専用】 HD-T3

新品価格
¥17,998から
(2012/12/15 17:10時点)



で、本体と合わせて、4TB!今までの倍の容量で、かつ2番組目以降も圧縮録画できる( EX200 は2番組目は DR のみ)ので、かなり余裕です。

 届いた ET1000 です。

ET1000_01.jpg

 非常にスリムな外観です。が、思ったよりは重く、さすがに小さなボディにいろいろ詰め込んであることを感じさせます。

 背面です。

ET1000_02.jpg

 EX200 に比べて圧倒的な端子の少なさにまずはびっくり。HDMI がデュアル出力からシングルになっているのは認識していましたが、なんとアナログビデオ出力が一切ない!コンポーネントも、D 端子も、あまつさえ S 端子も有りません。アナログ TV の人や、3 管プロジェクタの人は、気持ちよく切り捨てられています。
 ビデオテープからのダビングという用途がまだあるはずの映像入力も、コンポジットのみと、こちらも思い切った割り切り。
 確かに、少数派のためにコストはかけられないということなんでしょう。もしくは、必要なひとは、EX3000 買ってね・・・ですね。

 生産国は、

ET1000_03.jpg

マレーシアでした。

 設置です。テレビは、PANASONIC TH-P50VT3 です。AV アンプの DENON AVR-4311 を介して、SONY の安い HDMI ケーブルで接続。
 EX200 の中に、まだ見ていないビデオが沢山あるので、暫定的に、EX200/ET1000 を積み重ねて設置。怖いもの見たさで、画質の一対一比較もできるようにしました。

 それでは、作りから。

 やっぱり、とっても安っぽいです。
 HDD のビデオを再生するのがメインなので、本体に触れることは少ないのでいいんですが、前面の開閉式のパネルはペラペラで、子供が乱暴に開くと壊れそう。 BCAS カードのスロットも当然独立のリッドなんて有りません。OPEN を押して、ディスクトレイを出すと、これも衝撃の「ヘロヘロ」さ。
 でも、困るかというと、何も困りません。あれ?これでいいのかしら・・・。

 次に、使い勝手。

 これは、EX200 とは、雲泥の差です。ものすごく進化しています。3番組同時録画中の BD ソフト鑑賞も難なくクリア。これで、やっと、プレーヤーとして使えます・・・。編集やディスクダビングも、ほとんど問題なし。いくつかの条件が重なると、制限が出るようですが、夜中まで待ってダビングはしなくてよくなりました。
 あとは、3番組録画の便利さ。EX200 では、前出の通り、録画1は圧縮録画できましたが、録画2は、DR のみという仕様。それに対して、ET1000 は3番組とも圧縮可能。加えて、EX200 での「録画1に予約」、「録画2に予約」という観念がなくなり、予約が重なると自動的に録画2、3に振り分けられるようになりました。番組の重なりを考えて予約していた手間が一切なくなりました。
 こと、使い勝手については、ET1000 の圧勝です。

 最後は、恐ろしい画質比較です。

 さぞや、ものすごい差が出るかと思えば・・・あれ?大丈夫です。
 頑張って見比べると、EX200 の方が色ノリは若干良いか?ET1000 はエッジ強調がきつすぎるかな?でも、ディテールの情報量は、ET1000 の方が多いかも・・・。

 思い切って言いますが、画質の点でいうと、リビングで楽しんでみるには、ET1000 で全く問題ありません。
 こんなに薄っぺらでも、いいってことですかぁ・・・。驚きです。

 あまり意味は無いかもしれませんが、ポーズを掛けた画面の写真を載せておきます。それぞれ、上が EX200、下が ET1000 です。最後の2枚は、アップで比較です。

EX200
ET1000_A1_EX.jpg
ET1000
ET1000_A1_ET.jpg

EX200
ET1000_A2_EX.jpg
ET1000
ET1000_A2_ET.jpg

EX200
ET1000_A3_EX.jpg
ET1000
ET1000_A3_ET.jpg

 よ~く見ると、EX200 の方が、色ノリや階調表現で勝っています。しかし、3倍の価格差を実感できるかというと・・・です。

 最後に、外付け HDD について、ちょっと情報です。
 本体 1TB + 外付け 3TB の合計 4TB を安く手に入れられたと思ったのですが・・・若干誤算が。以下、よくカタログも読まずに買うからこうなるという反省です。
 残念ながら 本体 HDD と外付け HDD はシームレスに使うことができません。
 外付け HDD に録画された番組は、ホーム画面から、外付け HDD を選択しないと探しに行けません。本体と外付けのどっちに録画したっけ?と思いだす必要があるのは残念。検索機能はありますが、素直に同じフォルダに出てくれれば助かるのですが。
 あとは、外付け HDD には1番組しか録画できません。折角の3番組録画が、内蔵 HDD にしか使えないとは全く予想していなかったので、がっかりでした。
 また、外付け HDD を使い始めると、また悪夢のように「 xx 中なのでできません」が復活します。内蔵から外付けへのコピーが「ダビング」と扱われるので、機能制限がでてきます。
 結局我が家では、番組名録画等の通常の録画は内蔵に、おまかせ録画は外付けに、と分けることにしました。おまかせが2番組かさなることが出来なくなりましたが、そこは我慢。
 ということで、価格差と外付け HDD の不便さを考えると、BDZ-ET2000 がお勧めと言わざるを得ません。ちょっと失敗でした・・・。

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 2TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ET2000

新品価格
¥83,500から
(2012/12/15 19:41時点)



「一番じゃなきゃダメですか?」

 再びこの問いに戻ります。
 BDZ-ET1000 を購入してみて、分かったのは、「一番じゃない」機種のレベルが圧倒的に上がっているということ。デジタルの時代が、ハードの仕様差の影響を少なくしてしまった結果でしょう。リビングで気軽に見るのには、「一番じゃない」ので十分。これが「悲しい」現実です。

 しかし、普及モデルになくて、トップモデルにしかないものも、必ずあると一方では信じています。それは技術者のこだわりです。データでは見えないかもしれない。もしかしたらお客さんは誰も分からないかもしれない。それでも、いいものはいい。そんなこだわりを持ち続けることが、我々日本の生き残りの道だと思うのですがどうでしょう?そして、そんな商品だからこそ、ユーザーは単に道具ではなく、夢を見られるわけです。

 不況の最中、「トップモデル」を買うのも苦しいです。が、開発する側も、もっと苦しいでしょう。ちょっと情勢が変わると開発中止の憂き目にあう可能性大ですから。
 そんなメーカーを応援するためにも、頑張って「トップモデル」を買わないと・・・と思いながら、ET1000 で十分満足してしまう・・・。現実は厳しいですね。

**続報「BDZ-ET1000、ちょっと「残念」!」**(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-125.html)

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト






メン・イン・ブラック3(原題: MEN IN BLACK III)

2012/12/09 14:56 ジャンル: Category:ソフト
TB(0) | CM(0) [Edit]

mib3.jpg

2012年 108分 Rate: PG-13

 意外!(ごめんなさい。)
 結構面白かったです。

 昨今、シリーズ物がハズし気味(「xx ライジング」とか、「xx シャドウゲーム」とかねぇ・・・。)なので、これも、やっちゃってるかもなぁと期待せずに見たのですが、いい出来でした。
 ストーリーも展開良く、かつ SF 感も十分。また、シリーズ物として、視聴者をニヤリとさせるエピソードも忘れない。いいんじゃないでしょうか?

 K が 40 年前に捕まえた凶悪な殺し屋宇宙人が、月の刑務所から脱走します。その目的は、タイムスリップして 40 年前に戻り、K を倒して歴史を変えること。かくして、現代の K は消え去り、地球は宇宙人に征服される危機に。
 人々の記憶から消え去った K ですが、なぜか J の中には残っています。K を救い、そして K が 40 年前に得た宇宙人侵略防御システムを復活させるには、自分も 40 年前に戻り、K を救うしかない。タイムスリップした J は、若き日の K と供に、時間に隠された謎を解き、K 自身と地球を救いだそうとします。

 まずは好印象なのは、面倒な背景説明をババッと省略して、ストーリーに集中したこと。シリーズの1と2を見てない人は置いてけぼりですが、そこは人気シリーズということで、大半は着いてこれると踏んだんでしょう。

 すごいのは、若き日の K を演じたジョシュ・ブローリンの演技力。身振り、セリフの抑揚、表情のつくり方、そして視線の動きまで、トミー・リー・ジョーンズの K を再現しています。ここがうまくいかないと、感情移入できなくなるところを、破綻なく見事に演じきっています。

 タイムスリップ後は、69 年が舞台となります。アポロ 11 号の打ち上げにからみ展開するストーリー。CG の進歩のお蔭とは思いますが、違和感ない映像でした。

 SF 風味あり、時間のトリックあり、笑いあり、そして、最後は心温まるエピソード( K が決して J に話さなかった秘密とは?)まで付け加えて、それをうまくバランスを取る。なかなか出来ないことですが、さらりとやってのけた(感じのする)監督さんに大拍手です。

メン・イン・ブラック3 blu-ray & DVD

新品価格
¥2,406から
(2012/12/9 14:51時点)



メン・イン・ブラック3 3D&2Dブルーレイセット(3枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥3,427から
(2012/12/9 14:51時点)



takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト




 


ディスプレイ・キャリブレーション・メーター SpectraCal C6

2012/12/05 22:51 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

 「測定フェチ」な私は、また測定器を購入してしまいました。ディスプレイ・キャリブレーション・メーターの SpectraCal C6(http://store.spectracal.com/spectracal-c6.html)です。(以下 C6 )
 手持ちのキャリブ・メーターを SpectraCal に送ると $200 ディスカウントしてくれるという「トレードイン・プログラム」にまんまと乗せられました。
 キャリブ・メーターとしては、我が家では、Spyder TV, Spyder2 Pro, SpectraCal C1(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-47.html), x-rite i1 DISPLAY pro(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-101.html)に続く、5 代目ということに・・・。相変わらずの暴走中です。

c6_01.jpg

 外観は、なぜか「ダースモール」カラーです。(笑)
 誇らしげな「C6」のエンブレムが、勇ましいです。

c6_02.jpg

 拡散光カバーを回すと、集光部のレンズが現れる構造です。どこかで、見たことがあると思った方は正解です。(そんな人居ないか・・・)

c6_03.jpg

 x-rite の i1 DISPLAY pro(以下 i1 )の色違いです。カラーリング以外は、全く同じです。USBケーブル途中に挿入されているフラットディスプレイ用の錘には・・・

c6_04.jpg

思いっきり「x-rite」と書いてあります。

 ちなみに、C6 の価格 $695.00 は、i1(US価格$269.00、日本価格28,240円)のほぼ3倍近い高価格。また(失礼)騙されたのでしょうか?

 SpectraCal の説明によると C6 は、

・市販品より最大5倍速い。(「最大」と言っているところが眉唾。)
・低輝度レベルでのパフォーマンスが高い。
・高精度化のためにディスプレイサポートが追加されている。
・NISTの証明書付。(市販品ではこれだけだそうです。)
・保護ケースと3脚アダプタ付。(私のトレードイン仕様にはケースは付いていませんでしたが。)
・アップグレード対応(ファームウエアアップデートできるということだと思われます。)

だそうです。

 SpectraCal C1 の時もそうでしたが、シアトルの SpectraCal にて一台一台測定・較正して出荷しているのが高価格の最も大きな理由と思われます。C1 の時は、それを「信じる」しか無かったですが、C6 はお墨付きである「NIST証明書」が付いています。

c6_05.jpg

 それでは、キャリブレーションしてみます。いつものように、キャリブ機器は以下の通り。

 ・プロジェクタ:三菱 LVP-HC9000D
 ・ビデオプロセッサ:AV Foundry VideoEq pro(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
 ・パターンジェネレータ:Oppo BDP-95 + AVS Calibration disc 1.2b + SpectraCal IRアダプタ
 ・キャリブレーションソフトウエア:SpectraCal CalMAN5 5.0.3.971

 今回、C6 に付属してきた3脚アダプタは結構使えます。うまくスクリーン向けにメーターを設置することができました。

c6_06.jpg

 CalMAN からは、i1 ではなく、"SpectraCal C6" と認識されます。

c6_07.jpg

 i1 の時は、こうでした。

c6_08.jpg

 C6 になってデフォルトのセッティングが若干変化しています。標準露出モードが、2 秒から 3 "サンプル" に変更。ローライトモードも同じく、5 秒から 5 "サンプル" に。ローライトのトリガは、5 cd/m2 から 0.5 cd/m2 になっています。仮に "サンプル" が 1 秒と仮定すると、遅くなっているんですが・・・。

 キャリブレーションの手順は、当然ですが i1 と全く変わりません。
 レポートです。

c6_09.jpg

 追い込む作業時間は i1 とほぼ同じで、差は感じませんでした。

 キャリブ後の画像です。それぞれ、上がデフォルト(HC9000D のシネマモード+ VideoEQ の Preset1)、下がキャリブ後です。
 撮影は、今回からコンデジを卒業し、Canon EOS-M のマニュアル撮影ですので、明度差も写しこめています。

c6_a_pre.jpg
c6_a_post.jpg

c6_b_pre.jpg
c6_b_post.jpg

c6_c_pre.jpg
c6_c_post.jpg

 デフォルトに対して、黒が沈み込み立体感が出、色が乗るのは、i1 でのキャリブレーションと同じ。

 それでは、C6 と i1 の比較です。比較の方法は、まず C6 でキャリブレーションを実施し、C6 で測定。そのままのセッティングで、i1 で測定。測定結果を比較します。

 C6 の測定結果です。

c6_10_c6.jpg

 平均色温度は 6661K でした。
 続いて i1 で測定。

c6_11_i1.jpg

 平均色温度 6790K です。その差は 129K となります。小さいものの差はあるということで、それなりに「お墨付き」の効果は有りか?

 で、念のために、もう一度メーターを C6 に戻して再測定したところ・・・

c6_12_c6_2.jpg

 なんと、先の i1 の測定結果とほぼ重なりました。色温度差は、たったの 29K。しかも低輝度の測定結果は、ばっちり重なっています。
 実は、最初 C6 での測定を行った後に、測定を行っていた PC が暴走し、再起動ついでに接続を確認して、15 分くらい間が空いたんです。その後 i1 で測定し、直後に C6 で再測定しました。
 すなわち、先に示した C6 と i1 の差は、プロジェクタの経時変化だったようです。十分な暖気は行っていたのですが、15 分の間に色温度がドリフトしたようです。

 後の方の比較結果を正とすると・・・ C6 と i1 の測定精度の差は、「無視できるくらい小さい」というのが私の結論です。
 なお、以前のレポートで、SpectraCal C1 と i1 Display pro に色温度の差があると報告しました(http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-101.html)が、それもプロジェクタのドリフトだったのかもしれません。

 では「最大 5 倍速い」は、どうか?
 グレースケールの自動調整の時間を計ってみました。

 C6 > 2 分 42 秒
 i1 > 2 分 32 秒

 なんと C6 の方が遅い・・・。少なくとも、デフォルトのセッティングでは、C6 に「 5 倍速い」ところもありませんでした。

 ということで、ほぼ 3 倍近いお値段の C6 ですが、i1 に対する明確な差は見出せませんでした。
 が、私の手元にあった i1 が偶然、ばらつきの中で精度のいいものであった可能性もあります。なにしろ C6 には「お墨付き」がついていますから、そこは不安なく使えます。
 また、ファームウエアアップデート対応も、i1 にはない魅力です。

 以上、i1 との比較を含めて C6 のレポートをさせていただきました。確かに、中国製のものをわざわざアメリカに送って、そこで測定・較正するいう手間は理解できますが、やっぱ3倍はちょっとね・・・・という偽らざる感想をもった今回のレポートでした。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **






2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト



◆最新作◆日本語対応版◆ X-rite i1 DISPLAY PRO 『並行輸入品』

新品価格
¥19,000から
(2012/12/5 23:29時点)



i1Display Pro(日本語パッケージ) KHG1035

新品価格
¥23,867から
(2012/12/5 23:30時点)



MITSUBISHI 3D対応ホームシアター用プロジェクター SXRD方式 フルHD対応1920×1080 黒 LVP-HC9000D

新品価格
¥677,600から
(2012/12/5 23:30時点)








プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR