オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

オーディオ、ビジュアル、ときどきパソコン。重度のマテリアリストか?お買いもの中毒か?そんな日常生活を徒然に。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代 PMC FB1 のツイーターをソフトドームに交換

2017/09/17 21:16 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

我が家のメインスピーカーは、PMC FB1 です。
fb1_soft_01.jpg
製造番号700番代という極初期モデルです。
新品購入以来 20 年近い日々が過ぎていますが、いまだに現役です。

が、スピーカーは変わらないのですが、私の方が、「経年劣化」してきたらしく、ここ数ヶ月で急に高音に「雑味」を感じるようになってきました。なにか機器が故障か?と思いましたが、友人宅でも傾向は同じで、やはり原因は私自身らしい・・・。かなり凹みます。

そこで、対症療法的ですが、FB1 のツイーターを交換してみることにしました。

我が家は、初代 FB1 ですので、当然アルミドームツイーターです。これをソフトドームに交換しようという算段。
fb1_soft_02.jpg
楽しむオーディオですので、少しくらいの特性変化は気にしない、ということで、ネットワークは触らずの作戦です。

実は、東日本の震災で FB1 が転倒してウーファーに穴が空いたことがありまして、その際に、FB1 のユニットが、PMC の内製ではなく、汎用メーカー品であるのを知った次第。純正のウーファーを取り寄せて交換しましたが、とても簡単に交換できました。
きっとツイーターも簡単だろうと。

以下、交換した手順です。同様の変更がうまくいくかどうかは不明ですので、交換をされる場合は、自己責任でお願いします。

こちらが、FB1 純正ツイーターです。
fb1_soft_03.jpg

「vifa」という会社の D25AG-05 06 というものでした。
fb1_soft_04.jpg

調べたところ、交換できそうなソフトドームツイーターは以下の2つ。

・Peerless/Vifa D27TG35-06
https://www.tymphany.com/wp-content/themes/pathfinders/cache/pdfs/D27TG35-06.pdf

・Scanspeak D2606/922000
http://www.scan-speak.dk/datasheet/pdf/d2606-922000.pdf

SCANSPEAK スキャンスピーク Discovery D2606/922000 1インチ(26mm)ソフトドームツィーター ダブルチャンバー

価格:19,623円
(2017/9/17 18:31時点)
感想(0件)



どうも、中国製とデンマーク製で、ほぼ同じユニットのよう。
値段は倍ほど違いますが、スキャンスピーク版を購入しました。
どちらも能率は純正と同じですので、そこそこ特性も合うはず・・・・。

こちらが、やってきたソフトドームツイーターです。
fb1_soft_05.jpg

品番は、D2606/922000 です。D2606/920000 というとっても品番の似た製品がありますので、間違えてそちらを買わないように注意!920000 は、5 点止めなので、全く付きません。
fb1_soft_06.jpg

純正は、非常に薄いユニットでしたが、
fb1_soft_07.jpg
スキャンスピークは、背面にチャンバーがあって、かなり厚いです。
fb1_soft_08.jpg

純正アルミドームの特性です。20kHz までしっかり伸びていますね。その上が少々暴れています。
fb1_soft_09.jpg
スキャンスピークのソフトドームです。純正に比べると 4~5kHzが少し盛り上がっているかも。高域は、10kHz あたりからダラダラ下がっていまず。
fb1_soft_10_scanspeak.jpg
Vifa のソフトドームも念のため見ると、こっちの方が純正により近い特性のようでした・・・。もう買ってしまったし。
fb1_soft_11_vifa.jpg

交換は予想どおり、すこぶる簡単でした。

純正のアルミドームです。
fb1_soft_12.jpg
六角レンチ 4 ケ所で外す。
fb1_soft_13.jpg
ケーブルは、ファストン端子なのではんだ付け不要。ただし、極性が表記されていないので、間違えないように+側にマークをしておいたほうが良さそう・・・。

端子の逃げは再加工必要・・・と思ったら。こちらもきっかり同じ位置でそのままで大丈夫でした。
fb1_soft_14.jpg
厚みが増えている部分で内部の吸音材(スポンジでした)と干渉しますが、締め込めば問題なし。きっちり付きました。
fb1_soft_15.jpg

完成した姿です。
fb1_soft_16.jpg

ツイーター前 0.5m の周波数特性です。破線が純正のハードドーム、実線がソフトへの変更後。
fb1_soft_17_graph.jpg
クロスオーバー(おそらく 3kHz)付近で少しずれましたが、ほぼ問題なし。

それでは試聴です。
fb1_soft_18.jpg

ソフトという言葉から、高域が甘くなることを想像しましたが、予想外にしっかりした高音が出ます。と、いうより、かなり変更前のアルミの印象に近い。ほぼ互換ツイーターと言っても良い感じです。
その変わり代は、ケーブル変更等アクセサリーの変わり代よりも小さいかもしれません。音を出している物自身の変更なのに意外。
強いて従来と比べると「あたりが優しい」か。それ故、高音の「雑味」が聴こえにくくなりました。そういう意味では、交換は成功です。
最終的な目標であるボーカルの色気の増加には、アクセサリー等の更なる変更は必要そうですが、方向は間違っていませんでした。

PMC FB1 は、こんなに簡単にユニット交換できる、というご報告でした。
もし、オリジナル FB1 をお持ちで、すこし「味」を変えてみたい、と思われる方、挑戦してみてはいかがでしょうか?だめなら、すぐに戻せるし。
少なくとも、私は、戻さずに楽しめそうです。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **











スポンサーサイト

Linn ネットワーク・オーディオ・プレーヤー Klimax Renew DS/2

2017/08/19 16:42 ジャンル: Category:オーディオ
TB(0) | CM(0) [Edit]

機会あって Linn の Klimax Renew DS/2 を入手いたしました。
現有の Klimax Renew DS/K からの置き換えとなります。

我が家のプレーヤーの変遷は、
 Marantz CD-95
 Marantz CD-95 Limited(上記アップデート)
  http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/20070516/251/
 Marantz CD-16SE
 Linn Ikemi
  http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/201003/17467/
 Linn Majik DS
 Linn Akurate DS
  http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
 Linn Klimax Renew DS
  http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-81.html
 Linn Klimax Renew DS/K
  http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-223.html
となっています。
(CD-95の前は、S社のものだった気がしますが、型番忘れました。)

その中で、「驚愕」といえるほどの「ジャンプアップ」は、

・型番忘れたプレーヤー -> CD-95
・CD-16SE -> Ikemi
・Ikemi -> Majik
・Majik -> Akurate
・Akurate -> Klimax Renew

の 5 回だったなぁと。
言い古された表現ですが、「持っている CD をもう一度すべて聞き直したくなるほど」というのは、その 5 回ですね。

今回は、どうでしょう?

まずは、外観と中身です。
以降、上が Klimax Renew DS/K、下が Klimax Renew DS/2 です。(以下、それぞれ、DS/K、DS/2 と表記します。)

前方から見た全景は、どちらがどちらか判別不能な感じです。
rds2_01a.jpg

フロントパネルの表示も、LED のみに「Klimax Renew DS」の表記で変わらず。
rds2_02a.jpg

背面です。
rds2_03a.jpg

前回(DS -> DS/K)は、XLR 端子が変更されていましたが、今回は変わらず。
rds2_04a.jpg

「EXAKT LINK」が追加されたのが、今回の大きなアップデートです。
rds2_05a.jpg
ついでにアース端子の位置もすこし移動。

では、内部です。

全体を見渡すと、締め付け含め、大きな差はありません。DS/K で 9 点締になったものが、10 点締に戻ったくらいか。
ちなみに我が家の DS のPCB 設計は、DS/K が 2011 年 3 月 21 日、DS/2 が 2014 年 10 月 3 日とプリントされていました。
rds2_06a.jpg
rds2_07a.jpg

Dynamik 電源のカバーが黒塗装からアルミの生地(アルマイト)になっていますね。

アウトプットトランスは、前回大型化されたものが、継続採用です。
rds2_08a.jpg
rds2_09a.jpg
間違い探しも困難なくらい・・・。

DAC チップも「WM8741GEDS」の 2 ケ使いで変更なし。ただし、DS/2 は、DAC 近傍に「SiLabs 570」というクロック(画面中央下の白いケース)が配置されています。ここが変化の 2 つめの大きな変化です。
rds2_10a.jpg
rds2_11a.jpg


ロジック系は、当然ですが、Exakt に行くところが大きく変化。
しかし、CPU 含め大差は無いように見えます。(私は機械屋ですので、見た目だけで判断ですが・・・)
rds2_12a.jpg
rds2_13a.jpg

見た目で判断すると今回(Klimax をお持ちの方にとっては、前回か)のアップデート( DS/K -> DS/2 )は、
 ・Exakt Link の追加
 ・クロックチップの DAC 近接配置
の 2 点が変化、ということだと思います。
前回( DS -> DS/K )が、アウトプットトランスの変更や、XLR端子の変更がかかっていたことを思うと、比較的小変更といえるように思います。

DS/2 の Configuration 画面はこちら。
rds2_14a.jpg
むむっと思うのが「Model Information」です。「Klimax Renew DS, Exakt Disabled」とあります。素直に読むと「Exakt無効化モデル」という風になります。我が家では、「Exakt」を使う予定はありませんが、もし Exakt 使用目的で Renew DS を購入される場合には、念のため確認されたほうが良いかもしれません。

音については、前出の過去 5 回の「ジャンプアップ」に並ぶような変化ではありませんでした。
前回の「DS -> DS/K」のときもそうでしたが、ぐっと解像度が上がった感覚です。おそらく再現の正確性が増したんだと思います。
オーケストラの演奏で各楽器の配置がより鮮明になりました。
一方で、ボーカルの滑らかさは少々減退方向。もちろん微妙な差ではありますが、「不正確さ」を「色気」と捉えて聴いていたものが、「正確性」によって減退したのかもしれません。
画質調整でシャープネスを上げていったら、なんとなく絵画的でなくなってきた、って感じでしょうか?
方向は正しいはずですが、我が家ではチューニングが必要なようです。

総合してみると、今回の DS/K -> DS/2 は、全体に音がブラッシュアップされる変更と思いました。そこに価値を感じる方であれば、アップデートの価値はあると思います。
我が家では、その分、見えなかったところが見えるようになってしまったという感じで、他の機器がついていけなくなってきているようです・・・・。

プレーヤーはこのあたりで打ち止めにして、次のアップデートは、他の機器、という「お告げ」なのかもしれませんね。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **













オートモビル カウンシル 2017 に行ってきました

2017/08/06 14:17 ジャンル: Category:クルマ・バイク
TB(0) | CM(0) [Edit]

幕張メッセで行われている「オートモビル カウンシル 2017」というイベントに行ってきました。
http://automobile-council.com/

基本は「ヘリテージカーの祭典」なのですが、国内外メーカー数社も展示を行っています。また、ヘリテージカーについては、その場で気に入ったら購入できる、というところが面白いです。

会場全景です。

右奥と手前にメーカーブース、その間にヘリテージカーディーラーの展示。写真左手奥が、ミニカーやアパレル等販売という感じです。
土曜の朝は、それほどの混雑ではありませんでした。

では、まずは、メーカー展示から。

ABC 順で、アウディ。クワトロの系譜です。
ac2.jpg
ac3.jpg
なんと、最新の RS5 はここでジャパンプレミアだったそうです。
ac4.jpg

ホンダは、新旧 NSX。
ac5.jpg
ac6.jpg
ac7.jpg

マツダは「ロータリー誕生 50 周年」。
ac8.jpg
ac9.jpg
ac10.jpg
787B もやってきておりました
ac11.jpg

入り口すぐそばの日産のブースは照明も凝った気合の入った展示。テーマは「時代の最先端デザイン」。ダットサンロードスター、スカイラインスポーツクーペ、シルビアに加えて、デトロイトショーに展示したコンセプトカーも。
ac12.jpg
ac13.jpg
ac14.jpg
ac15.jpg

スバル、トヨタは、各々「事故ゼロを目指して 60 周年」「プリウス誕生 20 年」と、どちらかというと技術展示的な感じです。
ac16.jpg
ac17.jpg
ヨタハチに「ガスタービンハイブリッド」を載せた試作車の展示もありました。
ac18.jpg
「ハイブリッド」ということで、LMP1 も。
ac19.jpg
ac20.jpg

ボルボは、「ワゴン・エステート」。近所のお医者さんが乗っていたなぁ、と思い出します。
ac21.jpg
ac22.jpg

で、ここからが「お値段付き」のヘリテージカー・コーナー。
いろいろなディーラーさんが、自慢の車両を持ち込んだ感じです。状態の悪い車を持ち込むわけにはいかないせいか、どれも驚くようなクオリティです。(お値段も少し驚くものもありましたが・・・)

ちょっとそのあたりでは乗れない感じです。お値段も結構いってます。
ac23.jpg
フォードエスコート、渋いです。
ac24.jpg
ac25.jpg
ディノは、商談中。
ac26.jpg
こういったところには、やはりカウンタック必須です。
ac27.jpg
ac28.jpg
ac29.jpg
ac30.jpg
シトロエン SM は、690 万円だそうです。
ac31.jpg
ac32.jpg
70 年モデルの 911。いいお値段します。
ac33.jpg
ac34.jpg
最後は、私の昔の愛車プジョー 309GTI で締めくくり。
ac35.jpg

失礼ながら、それほど期待せずに行ったのですが、懐かしいクルマにも出会え、しっかり楽しませていただきました。

ちなみに、幕張メッセにつくと結構駐車場が満車。そして長蛇の列。
自動車文化、まだいけるぞ!と思ったのですが、「恐竜展」の列でした。
恐竜展を通り過ぎて、また次の列が! よし、やはり自動車の時代は終わっていない!と思ったら、こんどは、なんとかさんのハイタッチ会(?)の列でした。

長蛇の列をパスし、すっと入場できたので安心できた反面、スーパーカー世代の残党としては、なぜか少々虚しさが残るのでした・・・。

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **














「ちょんまげ」発見!(笑)

2017/07/29 09:22 ジャンル: Category:日常雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

某イベントで、マクラーレン 570GT を見せていただきました。

このクルマです。
http://jp.cars.mclaren.com/sports-series/570gt

助手席側から、インパネを見ていて、視界の隅に何処かで見たようなものが・・・。
ちょんまげ発見_01

ぐっと寄ると・・・・
ちょんまげ発見_02
Bowers & Wilkins のいわゆる「ちょんまげ」がダッシュボードの中央に鎮座しておりました。

家に帰ってホームページを見ると、どうもオプションの「Bowers & Wilkins Audio System」というものが組み込まれたクルマだったようです。

ホームページによると、

”オーディオ・エキスパートとして有名なBowers & Wilkins社がスポーツシリーズのために最適化した12スピーカーサラウンドシステムへのアップグレードが可能です。このアップグレードは、2台のRohacell社製カーボン・ファイバー・サブベース・ウーファーと5台のKevlar社製ミッド・レンジ・ドライブ・ユニット、また5台のNautilus社製アルミニウム・ツイーターを通してクリアな音が表現できる14チャンネル1280Wのアンプを利用しています。”

とのことです。

12スピーカーで14チャンネルアンプという謎は残るものの、さすがにツイーターはダイアモンドではなく、アルミみたいですね・・。

オプション価格は不明ですが、クルマが「家」くらいの値段なので、オーディオは「クルマ」くらいの値段ではないかと想像します。(笑)

見た目でいえば、我が家のセンター(B&W センタースピーカー HTM4 Diamond http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-241.html)の方が勝っている、かな。
ちょんまげ発見_03

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **













よりによってGWに・・・、DLA-X9故障。

2017/05/03 23:23 ジャンル: Category:ビジュアル
TB(0) | CM(0) [Edit]

それは、GW 2本めの映画視聴中に起きました・・・。

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」。
「トム・クルーズの映画に外れなし」という私の中の格言どおり、そこそこいい感じでエンディングに向かう途中、プロジェクターが映し出す映像が暗転しました。そういう演出にしては、セリフは続いているし・・・。
ふり返って、後方に天吊しているプロジェクター JVC DLA-X9 を見ると、ワーニングランプが点灯しておりました・・・。

まだこの季節なので、異常温度とは思えなし、ランプも900時間くらいしか使っていない。

説明書の警告表示一覧から、当該のランプ点灯パターンを探すと・・・・

内容:「投射中にランプが消えたとき」

・・・・・?
それは、分かります・・・。知りたいのは、なんで消えたかなんですが・・・。

と、いうことで、むなしく天吊り金具を残し、DLA-X9 は入院したのでした。
DLAX9故障

しかし、わざわざ GW 前半で故障するなんて・・・。
レンタルビデオで借りてきていた BD が虚しい気分をより高めるのでした。

( NEVER GO BACK にならないことを祈る・・・)

takhag のホームページへ
** takhag のホームページへ **














プロフィール

takhag

Author:takhag

アクセスカウンタ
ご来場者数 (2012年3月11日から)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。